オリエンタル写真学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オリエンタル写真学校は、かつて東京都中野区に所在した写真学校である。

1919年大正8年)に設立された日本最初の本格的な総合写真感光材料メーカー・オリエンタル写真工業(現・サイバーグラフィックス)によって、1929年昭和4年)に創立された。当初の本校の目的は、写真界の全体的なレベルの向上と、自社製品への認知度を広めることを目的としたが、それに留まらず、化学や芸術学といった領域にまで及ぶ教育カリキュラムが組まれ、写真家育成の総合的な教育機関として、幾多の写真家の育成に貢献した。

太平洋戦争中の空襲により、オリエンタル写真工業の社屋及び工場が焼失し、大打撃を受ける。本校も類焼し、廃校となった。

主な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]