オフィオコルジケプス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オフィオコルジケプス科
Cordyceps ophioglossoides 02.JPG
ハナヤスリタケ(Tolypocladium ophioglossoides)
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
亜門 : チャワンタケ亜門 Pezizomycotina
: フンタマカビ綱 Sordariomycetes
: ボタンタケ目 Hypocreales
: オフィオコルジケプス科 Ophiocordycipitaceae
学名
Ophiocordycipitaceae
G.M. Sung et al.[1]
[2]

オフィオコルジケプス科フンタマカビ綱ボタンタケ目に属する菌類昆虫寄生菌が多く含まれており、広義の冬虫夏草として知られているものも多い。

下位分類[編集]

以下6属に300種以上が含まれる。

  • Drechmeria W. Gams & H.-B. Jansson 1985
    大部分が線虫寄生性。シノニムにHaptocillium
  • Harposporium Lohde 1874
    線虫寄生性で、昆虫にも寄生する。シノニムにPodocrella
  • Ophiocordyceps Petch 1931
    ほぼ全て昆虫病原性。狭義の冬虫夏草(O. sinensis)を含む。シノニムにSorosporellaHirsutellaHymenostilbeSyngliocladiumParaisaria
  • Polycephalomyces Kobayasi 1941
    昆虫病原性。
  • Purpureocillium Luangsa-ard et al. 2011
    節足動物に寄生し、無性世代で分生子が紫色を呈する。P. lilacinumはヒトを含む動物に真菌症を引き起こすことがあり、また植物病害線虫の生物的防除にも用いられる。
  • Tolypocladium W. Gams 1971
    昆虫、輪形動物、真菌に寄生する。T. inflatumシクロスポリン産生菌として著名。[3]シノニムにChaunopycnisElaphocordyceps

Polycephalomyces

Purpureocillium

Harposporium

Drechmeria

Tolypocladium

Ophiocordyceps

オフィオコルジケプス科の系統関係[4]

歴史[編集]

バッカクキン科は植物病原性や昆虫病原性など多様な糸状菌を含むことで知られてきたが、21世紀になると分子系統解析によってこの科の多系統性が指摘され、2007年にバッカクキン科ノムシタケ科オフィオコルジケプス科の3科に分割された。[1]設立当初はOphiocordycepsElaphocordycepsの2属から成っていたが、真菌全体の系統関係が見直される中で上記6属が枠組みとして提唱された。[2][4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Sung GH, Hywel-Jones NL, Sung JM, Luangsa-ard JJ, Shrestha B, Spatafora JW (2007). “Phylogenetic classification of Cordyceps and the clavicipitaceous fungi”. Studies in Mycology 57: 5–59. doi:10.3114/sim.2007.57.01. PMC: 2104736. PMID 18490993. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2104736/. 
  2. ^ a b Maharachchikumbura et al. (2015). “Towards a natural classification and backbone tree for Sordariomycetes”. Fungal Diversity 72: 199-301. doi:10.1007/s13225-015-0331-z. 
  3. ^ Svarstad, H; Bugge, HC; Dhillion, SS (2000). “From Norway to Novartis: Cyclosporin from Tolypocladium inflatum in an open access bioprospecting regime”. Biodiversity and Conservation 9 (11): 1521–1541. doi:10.1023/A:1008990919682. 
  4. ^ a b Quandt et al. (2014). “Phylogenetic-based nomenclatural proposals for Ophiocordycipitaceae (Hypocreales) with new combinations in Tolypocladium”. IMA Fungus 5 (1): 121–134. doi:10.5598/imafungus.2014.05.01.12.