オットカール4世 (シュタイアーマルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オットカール4世
Ottokar IV.
シュタイアーマルク公
Otakar4.jpg
在位 1180年 - 1192年

称号 シュタイアーマルク辺境伯(1164年 - 1180年)
出生 1163年
死去 1192年5月8日
家名 オタカール家(トラウンガウ家)
父親 シュタイアーマルク辺境伯オットカール3世
母親 クニグンデ・フォン・フォーブルク
テンプレートを表示

オットカール4世(ドイツ語:Ottokar IV., 1163年 - 1192年5月8日)またはオタカール4世(Otakar IV.)は、シュタイアーマルク辺境伯(在位:1164年 - 1180年)、シュタイアーマルク公(在位:1180年 - 1192年)。

生涯[編集]

オットカール4世はシュタイアーマルク辺境伯オットカール3世とクニグンデ・フォン・フォーブルクの息子である。

父オットカール3世が死去した時、オットカール4世はわずか1歳であったため、1180年にオットカール4世が成年に達するまで母クニグンデが義母ゾフィーのやり方に倣って統治をおこなった。1180年ハインリヒ獅子公が領地を没収の上追放された後、シュタイアーマルクはバイエルンから切り離され独立した公領となり、義理の伯父にあたり母の姉の夫であった皇帝フリードリヒ1世により、オットカール4世はシュタイアーマルク公とされた。

オットカール4世は1170年から1183年の間にフュルステンフェルト英語版の町を造った。

オットカール4世はハンセン病にかかり、嗣子を得られる望みが絶たれてしまった。1186年8月17日に、オットカール4世はバーベンベルク家オーストリア公レオポルト5世エンス英語版で会い、相続協定(ゲオルゲンベルク協定)を結び、この協定は皇帝フリードリヒ1世によって承認された。初代シュタイアーマルク公であったオットカール4世は1192年5月8日に死去し、オタカール家は断絶した。

参考文献[編集]

  • Karl Brunner: 907–1156. Herzogtümer und Marken. Vom Ungarnsturm bis ins 12. Jahrhundert (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte.). Ueberreuter, Wien 1994, ISBN 3-8000-3521-9.
  • Heinz Dopsch: Otakar IV. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 19, Duncker & Humblot, Berlin 1999, ISBN 3-428-00200-8, S. 640 f. (電子テキスト版).
  • Heinz Dopsch, Karl Brunner, Maximilian Weltin: 1122–1278. Die Länder und das Reich. Der Ostalpenraum im Hochmittelalter (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte). Ueberreuter, Wien 2003, ISBN 3-8000-3973-7.
  • Hans Pirchegger: Geschichte der Steiermark. Band 1: Bis 1283. (= Allgemeine Staatengeschichte. Abt. 3: Deutsche Landesgeschichten. Werk 12, 1). Pertes, Gotha 1920.
先代:
オットカール3世
シュタイアーマルク辺境伯
1164年 - 1180年
次代:
(公に陞爵)
先代:
(辺境伯から陞爵)
シュタイアーマルク公
1180年 - 1192年
次代:
レオポルト5世