エリス・パチェコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はパチェコ第二姓(母方の)はバレラです。
エリス・パチェコ
基本情報
本名 エリス・パチェコ・バレラ
階級 ライト級
身長 160cm
国籍  コロンビア
誕生日 (1988-03-29) 1988年3月29日(30歳)
出身地 コルドバ県プエルト・エスコンディードスペイン語版
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 12
KO勝ち 7
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

エリス・パチェコ・バレラEnis Pacheco Barrera1988年3月29日 - )は、コロンビアの女子プロボクサーコルドバ県プエルト・エスコンディードスペイン語版出身。第2代WBO女子世界ライト級王者。

来歴[編集]

2010年4月24日コルドバ県プエルト・エスコンディードスペイン語版マリエラ・ゲレロとデビュー戦を行い、3回TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2011年9月30日、ブエノスアイレスWBO女子世界スーパーライト級王者フェルナンダ・アレグレと対戦しプロ初黒星となる10回0-3(93-98、2者が91-99)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2012年3月16日、バランキージャのコリセオ・クビエルト・エリアス・チェグウィンでドゥダ・ヤンコビッチWBO女子世界ライト級王座決定戦を行い、10回3-0(3者とも95-94)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年6月15日、バランキージャのコリセオ・クビエルト・エリアス・チェグウィンでアナ・エステチェと対戦し、2-0(97-93、95-95、96-95)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年10月20日、バランキージャのコリセオ・クビエルト・エリアス・チェグウィンでアナ・エステチェと対戦し、4ヵ月ぶりの再戦で1-1(93-97、96-94、95-95)の判定で引き分けたが2度目の防衛に成功した。

2013年6月14日、ブエノスアイレス州ラス・フロレスマリア・エレナ・マデルナと対戦し、10回0-2(90-98、91-97、94-94)の判定負けを喫し3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2014年11月29日、コルドバ県モンテリバノパオラ・ロハスとノンタイトル6回戦を行い、 3-0(59-55、2者が60-54)の判定勝ちを収め再起を果たした。

2015年2月6日、コルドバ県セレテーアンジー・バルカとノンタイトル8回戦を行い、3-0(80-72、78-74、79-73)の判定勝ちを収めた。

戦績[編集]

  • 16戦 12勝(7KO)2敗 2分

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


第2代WBO女子世界ライト級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:エリン・マクガワン
2012年3月16日 - 2013年6月14日マリア・エレナ・マデルナ