エミリアーナ・コンチャ・デ・オッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エミリアーナ・コンチャ・スベルカソーEmiliana Concha Subercaseaux[1], 1862年2月21日 バルパライソ - 1905年10月15日 ローザンヌ)は、チリの富豪の女子相続人。19世紀後半のパリ社交界の花形の1人で、画家ジョヴァンニ・ボルディーニのモデル、ミューズとしても知られた。

生涯[編集]

チリ最大の葡萄酒会社コンチャ・イ・トロの創業者で大蔵大臣を務めたメルチョル・コンチャ・イ・トロと、その妻エミリアーナ・スベルカソー・ビクーニャの間の次女として生まれた[1]。父方はスペイン統治期の総督を出し、爵位を授けられた名門サンティアゴ・コンチャ家の末裔、母方の曾祖父はチリ暫定大統領を務めたフランシスコ・ラモン・ビクーニャ英語版、母方の叔父は外務大臣で画家のラモン・スベルカソー・ビクーニャドイツ語版である。

パリで育ち、幅広い教養を身に付け、数か国語を自由に操り、芸術に関心が深かった。1889年6月16日にルイス・グレゴリオ・オッサ・ブラウン(Luis Gregorio Ossa Browne)と結婚し、間に2人の子供をもうけた。高名な肖像画家ジョヴァンニ・ボルディーニに絵画制作を習い、ボルディーニのお気に入りの肖像モデル、ミューズとなった。肺炎に罹り、スイスサナトリウムで死去した。

ボルディーニの描いたエミリアーナの肖像画には以下のものがある。

引用[編集]

  1. ^ a b GENEALOGIA DE LA FAMILIA CONCHA”. 13-09-2012閲覧。

参考文献[編集]

  • Bianca Doria: Giovanni Boldini: Catalogo generale dagli archivi Boldini, Rizzoli (2000) ISBN 88-17-86730-6