ウプサラ氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SantaCruz-Upsala-P2140135b.jpg
Upsala Glacier.jpg

ウプサラ氷河(ウプサラひょうが、Glaciar Upsala)はアルゼンチンロス・グラシアレス国立公園内にある最大の氷河南パタゴニア氷原から流れ出し、終端はアルヘンティーノ湖に至る距離は60km[1]。かつてこの距離は80kmもあったことから[2]、ウプサラ氷河の急速な後退を意味しており、地球温暖化の証拠といわれている。

名前はこの地域の最初の氷河研究を支援したウプサラ大学から来ている。

出典[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ 『地球の歩き方-アルゼンチン・チリ-'08-'09』ダイヤモンド社