ウクライナへの祈り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウクライナへの祈り
Молитва за Україну(ウクライナ語)
Prayer for Ukraine(英語)
Mołytwa za Ukrajinu
和訳例:ウクライナへの祈り
関連画像
ハルキウ地域でのウクライナへの祈りの言葉
作詞 コニスキー・オレキサンドル・ヤーコヴィッチウクライナ語版(1885年)
作曲 ミコラ・リセンコ
言語 ウクライナ語
試聴
テンプレートを表示

『ウクライナへの祈り』ウクライナ語: Молитва за Україну Mołytwa za Ukrajinu英語: Prayer for Ukraine)は、ウクライナの愛国的な讃美歌。旋律はミコラ・リセンコが作曲し、歌詞は コニスキー・オレキサンドル・ヤーコヴィッチウクライナ語版によって書かれ、いくつかの版がある。

「主よ、全能で唯一」と題され, 「ウクライナへの祈り」"Prayer for Ukraine"とも呼ばれる。ウクライナの リヴィウ大学の文化芸術学部の混合合唱団による演奏, 指揮はマリヤ・カミンスカ、音楽はミコラ・リセンコ, コニスキー・オレキサンドル・ヤーコヴィッチウクライナ語版による歌詞 (02:56).

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。


歴史[編集]

  • 1998年7月14日、この賛美歌は、ウクライナ内閣の主導により、#1229「ウクライナの国歌の旋律と歌詞について」として登録された法的なプロジェクトの一部だった。 プロジェクトの作者はマリウポリの出身であり、ウクライナの元副首相アナトリイ・ホルブチェンコ英語版(1997–99)であった[1]。1999年12月24日にプロジェクトは撤回された。
  • ミコラ・リセンコの死後、作品の新しい合唱バージョンが登場し、時には歌詞が変更された。M.ユルチェンコは、出版物「ミコラ・リセンコ。宗教作品」において、V.Matyuk(1907)、K.Stetsenko、O.Koshyts(1910年代)らが編曲した、最も有名な3つの歌詞のバリエーションを提出している。後者が最も一般的である。
  • 現在、この讃美歌は、ウクライナの国歌と同等の精神的な国歌として公式に認められている[2].。

歌詞[編集]

ウクライナ語
(キリル文字表記)
ウクライナ語
(ローマ字転写)
日本語

Боже великий, єдиний,
Нам Україну храни,
Волі і світу промінням
Ти її осіни.

Світлом науки і знання
Нас, дітей, просвіти,
В чистій любові до краю,
Ти нас, Боже, зрости.

Молимось, Боже єдиний,
Нам Україну храни,
Всі свої ласки й щедроти
Ти на люд наш зверни.

Дай йому волю, дай йому долю,
Дай доброго світу, щастя,
Дай, Боже, народу
І многая, многая літа.

Boże wełykyj, jedynyj,
Nam Ukrajinu chrany,
Woli i switu prominniam,
Ty jiji osiny.

Switlom nauky i znannia
Nas, ditej, proswity,
W czystij lubowi do kraju,
Ty nas, Boże, zrosty.

Mołymoś, Boże jedynyj,
Nam Ukrajinu chrany,
Wsi swoji łasky j szczedroty,
Ty na lud nasz zwerny.

Daj jomu wolu, daj jomu dolu,
Daj dobroho switu, szczastia,
Daj, Boże, narodu
I mnohaja, mnohaja lita.

主よ、偉大で全能の者よ、

私たちの最愛のウクライナを守り、
自由と光で彼女を祝福してください
あなたの聖なる光の。

学習と知識で啓発する
私たち、あなたの子供たちは小さい、
純粋で永遠の愛に
主よ、私たちを成長させましょう。

全能の主よ、お祈りします。
私たちの最愛のウクライナを守り、
私たちの人々と国を与える
すべてのあなたの優しさと優雅さ。

自由で私たちを祝福し、知恵で私たちを祝福し、
優しい世界へのガイド、
主よ、私たちを幸運で祝福してください
永遠にそして永遠に。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Biography on the law project author Archived 2007-09-22 at the Wayback Machine.
  2. ^ За волю України. Антологія пісень національно-визвольних змагань. Упорядник Євген Гіщинський. — Луцьк: Видавництво «Волинська обласна друкарня», 2002. — 316 с.

外部リンク[編集]