ウェブマップタイルサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウェブマップタイルサービス: Web Map Tile ServiceWMTS)は、ジオリファレンスを付与された地図タイルを、未レンダリング状態のままインターネットを通して配信するための標準的なプロトコルである。この仕様は2010年のOpen Geospatial Consortium[1]によって開発され公開された。

歴史[編集]

1997年にAllan Doyleによって発表された"WWW Mapping Framework"という概要の論文[2]を受けて、Open Geospatial Consortium(OGC)はウェブマッピングの標準技術の開発への参加を始めた。ウェブマッピングの標準技術のうち、最も古く有名なものはWMSである。しかしながら、WMSはその特性上短いレスポンス時間が重要なシチュエーションに対する実装が困難であることが判明した。多くのWMSサービスでは、レスポンスに1秒以上のCPU時間を要することがまれではなかった。大規模な並列実行を伴うユースケースに際しては、CPUに負荷のかかるこのようなサービスは実用的ではない。オンザフライでのレンダリングによりCPUへ負荷が集中してしまう問題を克服するため、アプリケーション開発者は未レンダリング状態の地図タイルを使いだした。これらの地図タイルを整理してアドレス化するために、オープンまたはプロプライエタリの多くのスキームが開発された。その一つが比較的初期に登場したタイルマップサービス(TMS)である。TMSの仕様はWMTSよりシンプルになっている。TMSはOSGeoのメンバーによって開発されたが、公式な標準技術としては承認されなかった。

リクエスト[編集]

WMTSは多くのリクエスト方式を採る。

WMTSのリクエストに対する構文はそれぞれの 方式で異なる。幾つかのリクエストは以下の通りである。

  • Capabilities: WMTSサービスのパラメータについての情報を返す
  • Tile: 地図タイルを返す
  • FeatureInfo: 与えられた地図の位置に応じて(数的な)情報を返す
  • Legend: 地図の判例の画像を返す

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ OpenGIS® Web Map Tile Service Implementation Standard”. 2013年4月5日閲覧。
  2. ^ Doyle, Allan (1997). "WWW Mapping Framework". Open GIS Consortium.