ウィラメット・ヴァレー・ヴィンヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィラメット・ヴァレー・ヴィンヤーズ: Willamette Valley Vineyards)は、アメリカ合衆国オレゴン州ターナーにあるワイナリーである。名称をウィラメット渓谷に由来するこのワイナリーは、オレゴン州有数のピノ・ノワール生産業者である[1]ほか、シャルドネピノ・グリのディジョン・クローンの生産業者でもある。1983年に設立者兼ワイン栽培家のジム・バーナゥが購入したエステート・ヴィンヤードで、葡萄栽培が開始された。1989年、このワイナリーの株式が公開されると、多くのワイン愛好家が株を入手した。1997年、オレゴン州内有数の歴史を誇るトゥアラティン・エステーツを購入し、ピノ・ノワール、ピノ・グリ、シャルドネ、および他の寒冷な気候の品種の栽培を拡大した。現在、両葡萄園はLIVE(Low Input Viticulture & Enology、持続可能なワイン農業基準)とSalmon safe(天然の鮭を保護する基準)の認定を受けている。

出典[編集]

  1. ^ Jenkins, T: "Top 25 Oregon Wineries", page 20. Portland Business Journal, August 11, 2006

外部リンク[編集]