インターナショナル・ワイン・チャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インターナショナル・ワイン・チャレンジ英語: International Wine Challenge、通称:IWC)はイギリスロンドンで毎年4月に開催されるワインコンペ。2007年からは日本酒部門(Sake Category)が設けられている。

概要[編集]

1984年、ロバート・ジョセフ、チャールズ・メトカーフの2人によってロンドンで開催される。元々はワインインターナショナルマガジン(現:en:Wine_&_Spirits)の企画であったが、2006年にイギリスのWilliam Reed Business Media社に売却された。

現在の審査委員長はメトカーフ、マスター・オブ・ワインのデレク・スメドレー、ティム・アトキン、Sam Harropの4人が務める。日本酒部門は山仁酒店社長の大橋健一。サイモン・フォフストラが責任者を務める。

尚、2011年より外務省はIWCの上位入賞の日本酒を海外の人の口に合う、毎年受賞酒が変わるので公平性があるとして在外公館用に採用している。

大会形式[編集]

大会は2週間にわたって行われる。大会は三回戦まで有り、最初はブラインド・テイスティングに始まり、300人の審査員によってテイスティングを受ける。審査結果で100点中84点以上を獲得すれば二回戦へ進出できる。優勝したワインの授賞式は7月にロンドンでメダルの授与式が行われる。

審査方法[編集]

一切の先入観をなくすため名称・産地といった個別情報は伏せられた上で審査を受ける。

外部リンク[編集]