イルピニ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イルピニ川
Chornogorodka8.jpg
水系 ドニエプル川
延長 162 km
流域面積 3340 km²
河口・合流先 キエフ貯水池
流域 ウクライナキエフ州ジトーミル州
テンプレートを表示

イルピニ川(イルピニがわ、ウクライナ語: Ірпінь)はウクライナを流れるドニエプル川右岸の支流である。長さ162km。イルピニ英語版を通過し、キエフ貯水池英語版(キエフ湖)の、キエフ水力発電所ウクライナ語版のダムが設置されている箇所に流入する。

イルピニ川の周囲は、かつてはキエフ大公国の中心地だった。年代記には、歴史的な出来事に関連して、この川について再三の言及がみられる。そのうちの1つは1321年イルピニ川の戦いである。この戦いの結果、キエフとその周辺地域はリトアニア大公国の支配下に入った。

1941年、イルピニ川に沿って、キエフ守備のための第一防衛線が、ソ連地上軍によって構築された。第二次世界大戦後には、多数の水門や灌漑システムが整備された。これによって、氾濫水によって造成されていた流域の沼地が、肥沃な農業用地に変わった[1]

出典[編集]

  1. ^ Река ИрпеньГорода и области Украины(2011年7月7日時点のアーカイブ