イラン・イスラーム文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イラン・イスラーム文化とは、テュルク系セルジューク朝モンゴル系のイル・ハン国の支配下にイスラーム教が受け入れられ、イラン知識人によって形成された文化。代表的人物としては、セルジューク朝のウマル・ハイヤーム、イル・ハン国のラシード・アッディーンらが活躍した。

関連項目[編集]