イラク国王一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第一次世界大戦後のオスマン帝国の解体により、3つの州(副地区)から成るオスマン領イラクイギリスの支配下に置かれイギリス委任統治領メソポタミアとなった。イギリスの努力にも係らずクルド人らイラクの人々は反乱を起こし、イラクそのもの統治が困難であることを露わにした。秩序を回復するためにヒジャーズ国王フサイン・イブン・アリーの三男ファイサル1世を初代とするハーシム朝を設立した。この一族はヒジャーズに起源を持つことからイラク人にとっては外国人であったが、住民投票では96%の賛成により受け入れられた。イラク王国1958年クーデター7月14日革命)で共和制が敷かれるまで存続した。

古代イラクの王[編集]

ハーシム朝・イラク (1921年-1958年)[編集]

イラク王国[編集]

肖像画 名前 生年 統治の開始 統治の終了 没年
King Faisal I of Iraq.png
ファイサル1世 1883年5月20日 1921年8月23日 1933年9月8日
Ghazi of Iraq.jpg
ガージー1世 1912年3月21日 1933年9月8日 1939年4月4日
King Faisal II of Iraq.jpg
ファイサル2世 1935年5月2日 1939年4月4日 1958年7月14日

関連項目[編集]