イボタケ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イボタケ目
Sarcodon imbricatus.jpg
シシタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : ハラタケ亜門 Agaricomycotina
: ハラタケ綱 Agaricomycetes
: イボタケ目 Thelephorales
学名
Thelephorales

イボタケ目(学名:Thelephorales)は担子菌門真正担子菌綱菌類の一群である。一般に強靭な肉質あるいは革質~コルク質で、形態的には膏薬状をなして枯れ木などにべったりと広がってかさや柄を形成しないものから、樹枝状ないしサンゴ状に分岐するもの、分岐する柄の先端にへら状のかさを形成してハボタン状をなすもの、あるいは明らかなかさと柄とに分化するものまでが含まれ、胞子を形成する子実層托は多くの分類群において細い針状突起の形態をとることから、一般に Tooth fungus の名があるが、しわひだ状を呈するものや管孔状をなすものも僅かに含まれている。


分類[ソースを編集]

歴史[ソースを編集]

イボタケ目は1968年にE.J.H. Cornerによって言及されていたが[1]、1976年にドイツの菌類学者Franz Oberwinklerがイボタケ科とマツバハリタケ科を含めて正式かつ有効に発表するまで、正式な分類群として扱われていなかった。

もともとはこの目に属する分類群は、担子器果(子実体の形態的多様性に富むと想定されていたが、一般的にいくつかの特徴、特に担子胞子での形の類似性とテレフォール酸誘導体の存在に起因する子実体の色調の類似性(一般に褐色系の色調を示す)を共有しており、胞子(無色あるいは褐色)の表面にとげやいぼを備え、また、水酸化カリウムなどのアルカリ性物質によって、子実体が青色ないし暗緑色に変色する呈色反応がしばしば認められる[2]

現代での扱い[ソースを編集]

DNAの塩基配列の差異に基づく分子系統学的研究でも、この目はハラタケ目とまったく別のグループを構成しており、むしろ、俗に猿の腰掛の名で称される分類群に近縁であるとされる。[3][4][5]

生態と分布[ソースを編集]

すべてのものが生きた樹木の細根との間で外生菌根を形成し、一種の共生関係を構築する[3]。また、イボタケ目は汎存種であり、2008年現在では18属250種類を含んでいる[6]

利用[ソースを編集]

シシタケ(Sarcodon imbricatus)は食用になり、国によっては市場流通用に採取されるほか、中国では乾燥品として輸出するために商業的に採取されている[7]カラスタケPolyozellus multiplex)も食用とされ、北アメリカは市販用に採取されている[8]。いくつかの種は現代の手芸染めで羊毛染色用の染料として用いられ、北アメリカではニオイハリタケモドキHydnellum caeruleum[9]、スカンジナビアではケロウジSarcodon squamosus[10]、スコットランドではモミジタケ(Thelephora palmata[11]などが、この用途にしばしば使用されている。


参考文献[ソースを編集]

  1. ^ Corner EJH. (1968). “A monograph of Thelephora”. Beihefte zur Nova Hedwigia 27: 1–110. 
  2. ^ Stalpers JA. (1993). “The Aphyllophoraceous fungi I. Keys to the species of the Thelephorales”. Studies in Mycology 35: 1–168.  http://www.cbs.knaw.nl/publications/1035/content/txt_035.htm
  3. ^ a b Hibbett DS. (2006). “A phylogenetic overview of the Agaricomycotina”. Mycologia 98: 917–925.  http://www1.univap.br/drauzio/index_arquivos/Myco09.pdf
  4. ^ Hibbett DS, et al. (2007). “A higher level phylogenetic classification of the Fungi”. Mycological Research 111 (5): 509–547. doi:10.1016/j.mycres.2007.03.004. PMID 17572334. 
  5. ^ Matheny PB, et al. (2007). “Contributions of rpb2 and tef1 to the phylogeny of mushrooms and allies (Basidiomycota, Fungi)”. Molecular Phylogenetics and Evolution 43: 430–451. 
  6. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi. 10th ed. Wallingford: CABI. pp. 12–13. ISBN 0-85199-826-7. 
  7. ^ http://jxwildmushrooms.en.alibaba.com/productgrouplist-200623273/Dry_mushrooms.html
  8. ^ Berch SM, Cocksedge W (2003). Commercially important wild mushrooms and fungi of British Columbia: what the buyers are buying. Technical Report 006. Victoria, British Columbia: British Columbia Ministry of Forests Science Program. pp. 1, 5. ISBN 0-7726-4932-4. http://www.google.ca/url?sa=t&source=web&ct=res&cd=49&url=http%3A%2F%2Fwww.for.gov.bc.ca%2Fhfd%2Fpubs%2FDocs%2FTr%2FTr006.pdf&ei=BsWRSuq_OpD0Ne6uxZIK&rct=j&q=Polyozellus+multiplex&usg=AFQjCNEAGS0NIR6Pad9Ntj3X-s7uGTco5g. 
  9. ^ Tom Volk's Fungus of the Month for August 2003 http://botit.botany.wisc.edu/toms_fungi/aug2003.html
  10. ^ Johannesson H, Ryman S, Lundmark H, Danell E. (1999). “Sarcodon imbricatus and S. squamosus — two confused species”. Mycological Research 103: 1447–1452. doi:10.1017/S0953756299008709.  http://www-mykopat.slu.se/Newwebsite/mycorrhiza/kantarellfiler/texter/sarcodon.pdf
  11. ^ http://193.62.154.38/celtica/fungi/dyesb.htm#palmata