イップ 翼をもった女の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イップ 翼をもった女の子
iep!
監督

エレン・スミット

リタ・ホルスト
脚本 ミーケ・デ・ヨング
製作

ヨースト・デ・フリース

レオンティーネ・プティ
出演者

ケナディー・ジャーディン・ブロムリー
ティエス・デッカー

ディーデリック・エビンジ
編集 オット・ロウ
配給 株式会社オンリー・ハーツ
公開 オランダの旗 2010年2月17日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 81分
製作国 オランダの旗 オランダ
ベルギーの旗 ベルギー
言語 オランダ語
テンプレートを表示

イップ翼をもった女の子(iep!)は、2010年オランダ映画。2010モントリオール国際子ども映画祭・最優秀作品賞など数々の賞を受賞。原作はオランダの代表的作家ヨーク・ファン・リューベン(「デージェだっていちにんまえ福音館書店)。7カ国で翻訳された。主演は原発性小人症(300万人に1人といわれる)のケナディー・ジャーディン・ブロムリー。マスコミで「世界一小さな天使」として世界中に紹介される。日本でも、テレビ東京の特番「輝く命」などで紹介された。

概要[編集]

1人の男が、ある日、鳥のような、人間の女の子のような、小さくて不思議な生き物の赤ちゃんを見つける。男は妻と一緒に、その赤ちゃんを育てることにした。赤ちゃんは2人の献身的な愛のおかげでスクスクと順調に成長するが、言葉は「イップ!」としか発せず、腕の代わりに持っていた翼で、ある日、2人の元を飛び立ってしまう。そこから夫婦とその子に長い冒険の旅が始まる。道中、かわいらしい少女と少年や、おっちょこちょいだが、憎めないレスキュー隊員といった仲間も加わりながら。

ストーリー[編集]

野鳥研究家のワレは、茂みで女の子のような、鳥のような赤ちゃんを見つける。そしてその子を、フィーフェルと名付け、妻のティーネと大切に育てることにする。ある日、フィーフェルが2人のもとから飛び立ってしまったことから、フィーフェルを捜す長い旅が始まる。一方、大空を飛んでいたフィーフェルは、力尽きて、ルーチャの部屋に落ちてしまう。意気投合したフィーフェルとルーチャ。しかしフィーフェルはまたも飛び立ってしまう。フィーフェルを捜すティーネとワレは、大きな木の下で野宿する。そこは、前日にフィーフェルとルーチャが遊んでいた木だったことから、ティーネとワレとルーチャの3人でフィーフェルを捜し始める。南の空へ飛び続けるフィーフェルが教会堂の屋根で休んでいると、人間たちに見つかり、レスキュー隊の出動騒動にまで発展。ところがレスキュー隊が助ける前にまたもや飛び立ってしまう。隊員も加わり、4人でフィーフェルを捜す旅が始まる。旅の途中で、ルーチャとレスキュー隊員が去っていく。ティーネとワレは最後まで捜し続け、海を渡るフィーフェルを発見。ところが、フィーフェルは海に落ちて2人に助けられる。翼が完治し、鳥の本能から、空を飛ぼうとする姿を見て、自由な大空に戻してやろうと決意する2人。秋に南へ飛び立つ鳥たちが、春には北に戻ってくるように、フィーフェルもひょっとしたら春には2人の家に戻るかもしれないことに期待しながら…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

外部リンク[編集]