イエメン内戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イエメン内戦
イエメンの地図
イエメンの地図
1994年5月4日 - 7月7日
場所イエメン南部
結果 イエメン政府の勝利、南イエメン占領
衝突した勢力
Flag of Yemen.svg イエメン Flag of South Yemen.svg イエメン民主共和国
指揮官
Flag of Yemen.svg アリー・アブドッラー・サーレハ Flag of South Yemen.svg アリー・サーリム・アル=ビード英語版
被害者数

戦闘員、民間人合わせて931人死亡

負傷者5,000人 (北イエメン発表)[1]
反乱軍6,000、民間人513
7,000-10,000人死亡の可能性[2]

イエメン内戦(イエメンないせん)は、1994年イエメンで起こった内戦。

概要[編集]

イエメンは1990年南イエメン北イエメンが統一して成った国だが、旧南側の再分離独立を求める勢力が1994年に武装蜂起してイエメン民主共和国の独立を宣言。イエメン正規軍と戦争になった。両者の間で空軍機を使った空爆合戦やスカッドミサイルを打ち合う応酬が行われたものの、戦闘は終始北側が優位に立ち、国際的な支援も北側についた。2ヶ月に及ぶ戦闘の後、数万人の死者を出しながら旧南側勢力は制圧された。

背景[編集]

統一後に就任した北イエメン出身のアリー・アブドッラー・サーレハ大統領(国民全体会議)が、旧北イエメン側に優位な政策を敷いたとして、旧南イエメン出身のアリー・サーリム・アル=ビード英語版副大統領派(イエメン社会党)が反発。1993年には政府が分裂状態に陥っていた。

南イエメン側は有望な油田を抱えており、再独立の行動を起こせば国際的な支援を取り付けることができるのではないかと考えていた節がある。実際にサウジアラビアは、南イエメン側を間接的に支援し、国境線でイエメン軍と交戦状態にも陥ったが、本格的な軍事力の行使には至らなかった。

その後[編集]

終戦後も、南イエメン側の政治的な不満は収まりきれておらず、しばしば不穏な動きが見られる。

2015年には再び内戦が勃発し、現在も継続中である。

出典[編集]

  1. ^ "Yemen Civil War Caused Almost 6,000 Northern Casualties" Associated Press, July 12, 1994.
  2. ^ "Saleh down plays Yemeni war death toll." AFP, July 12, 1994.