アースクエイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アースクエイク
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
種別 ショートドリンク
作成技法 シェイク
淡黄色
グラス Cocktail Glass (Martini).svg   カクテル・グラス
アルコール度数
度数 37度[1] - 40度以上
レシピの一例
テンプレートを表示

アースクエイク (Earthquake) とは、カクテルの1種である。ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。

由来[編集]

40度以上もあるアルコール度数の高さ[2]から、飲むと地震 (Earthquake) にあったかのようなショックを形容したものである。

使われる酒も、強烈な香味とアルコール度数を持つアブサンを筆頭に、ウィスキー、ドライ・ジンといった同じく香味の強いものを使用するため、味もかなり辛口で、飲む時はそれなりの覚悟を要する。

ただし、アブサンは銘柄により度数が異なり、またウィスキー、ジンも銘柄、産地により度数や香味も異なる。さらにアブサンは類似酒のペルノー等に置き換えることも可能で、アルコール度数、香味の変化をつけやすいカクテルとも言える。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

ウィスキー、ドライ・ジン、アブサンをシェイクして、カクテル・グラスに注ぐ。

備考[編集]

使う材料の名前を一部をそれぞれとって「アブ・ジン・スキー」とも言う。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桑名伸佐監修『カクテル・パーフェクトブック』(日本文芸社2006年2月25日発行、ISBN 978-4-537-20423-0)に記載されている度数。
  2. ^ ただし、桑名伸佐監修『カクテル・パーフェクトブック』(日本文芸社、2006年2月25日発行、ISBN 978-4-537-20423-0)によるとアルコール度数は37度とある。