アンティオコス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンティオコス2世
Αντίοχος Β' Θεός
AntiochusII.jpg
アンティオコス2世のコイン
在位 紀元前261年 - 紀元前246年
出生 紀元前286年
死去 紀元前246年
配偶者 ラオディケ1世英語版
  ベレニケ(プトレマイオス2世娘)
子女 セレウコス2世
アンティオコス・ヒエラクス
ストラトニケ
ラオディケ
王朝 セレウコス朝
父親 アンティオコス1世
母親 ストラトニケ
テンプレートを表示

アンティオコス2世テオスΑντίοχος Β' Θεός紀元前286年 - 紀元前246年)は、セレウコス朝シリアの王(在位:紀元前261年 - 紀元前246年)。アンティオコス1世ソテルの子。

生涯[編集]

父の時代より広大な統治領域の分裂が始まっており、バクトリアパルティアなどが独立していった。アンティオコス2世は、父王がプトレマイオス朝エジプトに奪われた領土を奪回するべく、第二次シリア戦争 (紀元前260年 - 紀元前253年) を戦った。エジプトのプトレマイオス2世より、小アジアのミレトスエフェソスフェニキア沿岸地域などを奪回し、ミレトス神王(テオス)の称号を得た。

紀元前253年、エジプトとの和約を結び、プトレマイオス2世の娘ベレニケ・フェルノフォラス英語版と結婚した。しかし、紀元前246年にプトレマイオス2世が没すると、離婚した前妻ラオディケ1世と復縁したため、ベレニケとラオディケの対立は深まり、ラオディケはベレニケとその子を殺害し、アンティオコス2世も毒殺された[1]。ラオディケは息子セレウコス2世カリニコスを即位させた。ベレニケ殺害は、エジプトの新王プトレマイオス3世(ベレニケの兄弟)の激怒を招き、彼のシリア攻撃(第三次シリア戦争 (紀元前246年 - 紀元前241年) )の原因となった。

脚注[編集]

  1. ^ ブルクハルト 『ギリシア文化史8』 筑摩学芸文庫、1999年、137p。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


先代:
アンティオコス1世ソテル
セレウコス朝君主
紀元前261年 - 紀元前246年
次代:
セレウコス2世カリニコス