アンコーナ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンコーナ共和国
Repubblica Anconitana
教皇領 1797年 - 1798年 ローマ共和国 (18世紀)
アンコーナの国旗
(国旗)
アンコーナの位置
公用語 イタリア語
首都 アンコーナ
元首等
1797年 - 1798年 ピエトロ・レッピ[1]
変遷
独立宣言 1797年11月17日
ローマ共和国に併合 1798年3月7日

アンコーナ共和国(アンコーナきょうわこく、伊語:Repubblica Anconitana、仏語:République d'Ancône、英語Republic of Ancona)は、1797年11月19日から1798年3月7日まで、現在の中部イタリアマルケ州アンコーナ県に存在したフランスの衛星国である。1797年2月に、フランスがアンコーナの戦いに勝利したことが契機となり、独立したが[2]、翌年にローマ共和国に併合された。

アンコーナ共和国の国旗の青は、宗主国フランスとの繋がりを示すものであり、赤と黄はアンコーナを象徴する色である。

出典[編集]

  1. ^ Anconine Republic”. 2015年3月29日閲覧。
  2. ^ Philip's Atlas of World History

関連項目[編集]