アルブレヒト・ウィルヘルム・トロニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルブレヒト・ウィルヘルム・トロニエAlbrecht Wilhelm Tronnier1902年 - 1982年)は、ドイツレンズ設計者である。

シュナイダー・クロイツナッハ/イスコ時代[編集]

当初シュナイダー・クロイツナッハに勤務[1]し、クセナー[2]テレクセナー[2]アンギュロン[2]クセノン[2]等を設計した。

1935年に初めて新種ガラスであるランタンクラウンを使用した3群3枚のレンズを設計しU.S.P1987878を取得、これはラジオナーとして発売された。後にF3.5、F2.9、F2.8も製作された[3]

ファランド・オプティカル時代[編集]

アメリカのファランド・オプティカル(Farrand Optical Company )に移籍して数々の光学系を設計した[4]

フォクトレンダー/カール・ツァイス時代[編集]

1944年フォクトレンダーに移籍した。

1953年にテロマー設計[3]

その他カラースコパー[2]スコパロン[2]カラーヘリアーアポランター[2]ウルトロン[2][1]ノクトン[2]ダイナロン[2]、セプトン等多数のレンズを設計した。

フォクトレンダーのツァイス・イコンへの合併に従いカール・ツァイスに異動した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『別冊ステレオサウンド ヴィンテージカメラセレクション』p.58。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『ツァイス・イコン物語』p.47。
  3. ^ a b 『クラシックカメラ専科No.17、フォクトレンダーのすべて』p.50。
  4. ^ 『クラシックカメラ専科No.17、フォクトレンダーのすべて』p.51

参考文献[編集]