アルトドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトドルフ
Altdorf
スイスの旗
Altdorf night.jpg
アルトドルフの夜景
Altdorf-coat of arms.svg
基礎自治体(Einwohner Gemainde)
位置
アルトドルフの位置の位置図
アルトドルフの位置
座標 : 北緯46度52分0秒 東経8度38分0秒 / 北緯46.86667度 東経8.63333度 / 46.86667; 8.63333
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton)
Wappen des Kantons Wallis
ウーリ州
  (Amtsbezirk) -
 基礎自治体(Einwohner Gemainde) アルトドルフ
地理
面積  
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 10.23km2(3.9mi2
標高 458m(1,503ft
人口
人口 (2007年現在)
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 8,577人
    人口密度   838人/km2(2,171人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 6460
公式ウェブサイト : http://www.altdorf.ch/

アルトドルフ(Altdorf)はスイスウーリ州にある 基礎自治体 ( アインヴォーナーゲマインデ ) で同州の州都。ロイス川のほとりに位置する。

歴史[編集]

アルトドルフに人が居住していた最も古い証拠は、紀元前3世紀以降のラテーヌ文化期のブロンズ手斧や鉄製道具がある。初期の居住者は森に住みつき、ルス川の土手の方に居住地を拡大していった。ルス川が定期的に氾濫を起こすと、低地にあった居住区は破壊され、住民は元の古い町に戻った。このことが古い町を意味するアルトドルフの名前の由来になった可能性がある。

ローマ帝国の崩壊後の7世紀ガロ・ローマ文化圏に属していたアルトドルフの人々は、ゲルマン系のアレマン人と混ざり始めた。これを示す最も古い証拠は、市内のサン・マルティン教会にある、西暦670年680年の武装した騎手の墓である。

アルトドルフの地名は、ウィリアム・テル伝説で彼が息子の頭の上のリンゴを射抜いた場所として、最もよく知られている。マルクト広場で起きた出来事とされていて、そこには1895年にウィリアム・テルと彼の息子の精巧なブロンズ像が建てられた。1899年には市の中心部近くに、フリードリヒ・フォン・シラーの演劇ウィリアム・テルを上演するために、劇場が開館した。

外部リンク[編集]