アミシャーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アミシャーブAmishav)は、1975年に設立されたイスラエルの失われた10支族に関する調査機関。アミシャブともいう。

概要[編集]

アミシャブはイスラエルの失われた10支族(12支族)を捜し求め、世界中の国々を調査している。最高責任者はラビ・エリエフ・アビハイル(Rabbi Eliyahu Avichail)。インドにはマナセ族の子孫ではないかとされる人々がおり、アミシャブ傘下の「ベネイ・マナセ」(Bnei Menashe)という団体が帰還運動を推進しているなど、世界各地で同様の活動を行っている。アミシャブは古代日本と日ユ同祖論に注目しており、アビハイルがすでに日本の各地へ赴き、調査を続けている。

アミシャブと同様の活動をする組織としては、シャーベイ・イスラエル英語版(Shavei Israel、ヘブライ語:שבי ישראל)も存在している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]