アッシュール・ベル・ニシェシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッシュール・ベル・ニシェシュ
アッシリア王
在位 前1407年-前1398年

子女 アッシュール・リム・ニシェシュエリバ・アダド1世
父親 アッシュール・ニラリ2世
テンプレートを表示

アッシュール・ベル・ニシェシュAššūr-bēl-nīšēšumdaš-šur-EN-UN.MEŠ--šú,[i 1][i 2][i 3]、「アッシュール神(は)彼の民の主」[1])はアッシリアの支配者。在位期間は前1417年-前1409年、または前1407年-前1398年(低年代説英語版)。在位期間が複数提案されているのは、後の年代が不明瞭であるためである。父であるアッシュール・ニラリ2世の跡を継いで王となった。彼自身はカッシートの王カラインダシュ英語版との条約によってもっともよく知られている。

来歴[編集]

アッシュール・ベル・ニシェシュの記念円錐粘土板の1つを写したシュローダー(Schroeder)の線画[i 4]

この時代のアッシリア君主の慣習として、彼は「アッシュールの副王(イシアクム)、išši'ak Aššur」という控えめな称号を用いていた[2]。『対照王名表(Synchronistic Chronicle[i 5]』の記録によれば、彼はバビロンの王カラインダシュと友好的な国境条約を締結したらしく、「まさしくこの国境について共に宣誓した」とある[3]:158 。彼の多数の円錐形楔形文字文書(画像は線画に写したもの)は、彼がアッシュールの「新市街」地区にあったプズル・アッシュール3世の城壁を補修したことを記念している[2]

アッシュール・ベル・ニシェシュの同時代の法律文書では土地、家屋、奴隷の売却と鉛の代金について詳述されている。アッシリアの信用システムはかなり高度であり、オオムギや鉛などの商品購入のために融資が行われ、返済が遅れた場合には利息が支払われた。融資の担保として債務者の資産や子供などが提示可能であった[4]

アッシュール・ベル・ニシェシュの息子と最終的な後継者について得られる情報は矛盾がある。『アッシリア王名表』は彼のすぐ後の後継者に、息子としてアッシュール・リム・ニシェシュ(Aššur-rā’im-nišēšu)を挙げている。しかし、アッシュール・リム・ニシェシュ自身の同時代碑文[i 6]では、その父親の名前はアッシュール・ニラリ2世とされており、これはアッシュール・リム・ニシェシュがアッシュール・ベル・ニシェシュの兄弟である可能性を示唆するものである。複数ある『アッシリア王名表』の各バージョンで彼らの後の王の系譜が異なることによって混乱はさらに酷くなっている。即ち、『コルサバド王名表[i 2] 』と『SDAS王名表[i 3]』が18年後に王位に就くエリバ・アダド1世をアッシュール・ベル・ニシェシュの息子としている[3]:209一方で、『アッシュール王名表[i 1]』はエリバ・アダド1世をアッシュール・リム・ニシェシュの息子としている[5]

記録[編集]

  1. ^ a b Nassouhi King List, Istanbul A. 116 (Assur 8836), iii 11–12.
  2. ^ a b Khorsabad King List, IM 60017 (excavation nos.: DS 828, DS 32-54), iii 5–6.
  3. ^ a b SDAS King List, tablet IM 60484, ii 38.
  4. ^ Cone VAT 7442, first published KAH 2 no. 22 (1922).
  5. ^ Synchronistic Chronicle (ABC 21), tablet K4401a, i 1–4.
  6. ^ Cone VAT? 2764, first published KAH 1 no. 63 (1911).

脚注[編集]

  1. ^ K. Åkerman (1998). K. Radner. ed. The Prosopography of the Neo-Assyrian Empire, Volume 1, Part I: A. The Neo-Assyrian Text Corpus Project. p. 171 
  2. ^ a b A. K. Grayson (1972). Assyrian Royal Inscriptions, Volume 1. Otto Harrassowitz. p. 38  §236—240.
  3. ^ a b A. K. Grayson (1975). Assyrian and Babylonian chronicles. J. J. Augustin. pp. 158, 209 
  4. ^ C. J. Gadd (1975). “XVIII: Assyria and Babylon, 1370—1300 B.C.”. The Cambridge Ancient History, Volume II, Part 2, History of the Middle East and the Aegean Region, 1380 – 1000 BC. Cambridge University Press. pp. 38–39 
  5. ^ J. A. Brinkman (1973). “Comments on the Nasouhi Kinglist and the Assyrian Kinglist Tradition”. Orientalia 42: 312. 
先代:
アッシュール・ニラリ2世
アッシリア王
前1407年-前1398年
次代:
アッシュール・リム・ニシェシュ