アケロオスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アケロオスの戦い
戦争ブルガリア・東ローマ戦争
年月日917年
場所ポモリエ
結果:決定的なブルガリア帝国の勝利
交戦勢力
ブルガリア帝国 Simple Labarum.svg東ローマ帝国
指導者・指揮官
シメオン1世 Simple Labarum.svgレオーン・フォカス英語版
戦力
不明 110,000人
損害
不明 壊滅

アケロオスの戦い(アケロオスのたたかい)は、917年ブルガリア帝国東ローマ帝国との間で行われた戦いであり、ブルガリアが決定的な勝利をおさめた。

背景[編集]

913年シメオンは総主教ニコラオス1世との間で、自分の娘とコンスタンティノス7世を結婚させるという条件を結んで講和した。しかしクーデターを起こして権力を握ったゾエ・カルボノプシナはこの講和を取り消した。そのため、再び戦争が始まった。

戦い[編集]

アラブ人との戦いを終わらせた東ローマ帝国は、アナトリアのテマから11万の軍勢を徴兵してトラキアに移動させた。そしてアケロオスでブルガリア軍と戦ったが、シメオンの前にまたしても大敗を喫した。この戦いで打ち捨てられた東ローマ軍の死骸は、50年後も放置されたままだったという。この戦いに勝利したシメオンはコンスタンティノープルを目指して進軍した。

参考文献[編集]