アクレ刑務所脱獄事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクレ刑務所

アクレ刑務所脱獄事件(アクレけいむしょだつごくじけん、Acre Prison break)は、1947年5月4日に、イギリス委任統治領パレスチナイルガンによって行われた作戦行動で、イスラエル、アクレ(アッコ)の中央刑務所の壁を破り、収監されていたイルガンおよびレヒのメンバー27人を解放した。

経緯[編集]

イギリス委任統治領の時、アクレの旧市街の城塞は刑務所として使用されていた。合わせて、刑務所内にはアラブ人囚人700人とユダヤ人囚人90人が含まれ、後者は主にイギリス人に捕らえられたユダヤ人の地下グループハガナー、レヒ、イルガンのメンバーであった。それら囚人の1人が、イルガンの作戦将校(Irgun operations officer)エイタン・リヴニ(Eitan Livni)(ツィッピー・リヴニの父)であった[1]

1947年4月19日に、イギリスの第6空挺師団に捕らえられたイルガンのメンバー4人、ドヴ・グリューナー(Dov Gruner)、イェヒエル・ドレスナー(Yehiel Dresner)、モルデチャイ・アルカヒ(Mordechai Alkahi)、エリエゼル・カーシャーニー(Eliezer Kashani)が、アクレ刑務所で絞首刑に処され、イルガンの最初の戦後の「殉教者」('martyrs')になった。公判で、ドヴ・グリューナーはイギリス陸軍と行政は「犯罪組織」('criminal organizations')であると宣言した。

レヒとイルガンの囚人らは逃亡を考えたが、外部の助力なしには不可能だと結論づけた。そのため、計画についてイルガン本部にコンタクトした。英国特別尋問グループの元メンバー ドヴ・コーヘン(Dov Cohen)、別名「シムション」("Shimshon")が作戦行動を主導するために選ばれた。計画は、ロシア系ユダヤ人出自のアメリカ人であり、委任当局でエンジニアとして働き、刑務所を建設したペレス・エトケス(Peres Etkes)によって進行された。彼の甥によると、エトケスはイルガンに刑務所の詳細な地図を提供した[2]

作戦行動[編集]

イルガンらはイギリス兵になりすました

脱獄は当初4月に予定されていたが、結局のところ1947年5月4日日曜日、国連総会がパレスチナ問題について話し合うために召集された日の午後4時にふたたびスケジュールされた。イルガン最高司令部(Irgun High Command)は、脱出のために囚人41人を選んだ――イルガン30人とレヒ11人、これが隠れ処(あじと)で利用可能なスポット複数の、利用可能な人数であった。イルガン最高司令部と収監中のイルガンメンバー エイタン・リヴニは、脱獄と脱出のルートを広く計画した[3]。兵站の準備は複雑であった――イルガンはトラック1台、ジープ1台、軍用ピックアップトラック2台および民間車両複数を購入し、それらはその後イギリスのものに偽装された。イギリス陸軍制服複数も取得された[1]。民間の衣服の在庫も脱獄者らが一般人にうまく溶け込みやすくするために手配された。イルガンの偵察活動により要塞の弱点が発見されていた――トルコ式風呂のすぐ上の南壁。したがって、イルガンはTNTを刑務所に密かに持ち込み、それはそれから手榴弾30発と爆弾2発を即興で作るのに使用された。

脱獄後の刑務所の壁

1947年5月4日日曜日、イルガン戦士らは、軍用トラック1台、イギリスのカモフラージュ色に塗られた軍用バン2台、民間用バン2台、および先頭のコマンド・ジープから成る車団でアクレに到着した。戦士20人はイギリス陸軍工兵隊の服を着て、3人はアラブ人の服を着ていた。コマンドジープに乗っていた作戦行動指揮官ドヴ・コーエンは、勲章をつけた陸軍工兵隊のキャプテンに扮していた。トラックは刑務所の門に止められ、バン2台は近くの市場に止められた。14:00にドヴ・サロモン(Dov Salomon)およびYehuda Afiryonの指揮下にあるイルガン工兵部隊が作戦行動を開始した。はしご複数が車両の1台から取り外され、男らは近くのトルコ式風呂に向かい、イギリス陸軍工兵隊の電話技術者になりすまし、TNT、ロープ、その他必要な侵入機器を運んだ。彼らは突撃を仕掛け、そして通りに下り戻った[1][3]

イルガン部隊が所定の位置に移動している間、囚人らは内部で計画を実行していた。15:00に、午後の運動のために独房複数のドアが開かれた。逃げる予定がなかった囚人らは中庭に降りて陽動作戦に出て、指定された逃亡者らは独房に残っていた[1]。同時に、イルガンの封鎖分隊は、イギリスの追跡者らを遅らせるために近くの道路複数に地雷を敷設したし、アラブ人に偽装した陽動隊は、迫撃砲を持ってイギリス陸軍キャンプ近くに移動した[3]

16時22分に、装薬複数が爆発し、刑務所の壁の1つに大きな穴1つを開けた。爆風を聞いた陽動隊は、イギリス陸軍キャンプで迫撃弾を発射し、その後撤退した。その間、刑務所では、脱獄犯の第1グループは独房からすばやく走り出て壁の裂け目に向かい、パニックをおこし独房から走り出たアラブの囚人らの群衆の中を押し分けて進まねばならなかった。彼らは密かに持ち込んだ爆薬を使って、刑務所の壁の穴がある灯油室への道をさえぎる鉄の門2つを爆破した。脱獄犯の第2グループは、可燃性物質のバリケード1つを設置し、火をおこしてそれに火を点け脱出路をふさぎ、看守ら(guards)がすぐに到達できないようにした。その結果生じた煙幕と火は、爆発が引き起こしていた混乱を増しただけであった。刑務所のヤードにいるアラブ人の囚人らは、狂ったように叫び、走り始め、なかには有刺鉄線のフェンスにじかにぶつかる人もいれば、火事や爆発を恐れて独房に突進したり脱獄したりする人もいた。

アラブの看守らは、脱獄が進行中であると考え、群衆に発砲し始めた。この混乱の中で、第3グループが刑務所のヤードに足を踏み入れ、屋根に配置された看守らに手榴弾複数を投げ、彼らを逃げさせた。爆発複数が他の囚人の間でさらなるパニックと混乱を引き起こした。混沌の中で、2つのグループは壁の穴から逃げた。看守らは何が起こっているのかわからないため、ヤードに入らなかった。その間、ヤードや廊下を駆け抜けるアラブの囚人らが壁の穴を発見し始めた。次の1時間で、アクレ刑務所のアラブの囚人394人のうち214人が壁の穴から逃げ出し、街に姿を消した[1][3]

脱獄犯の第1グループと打撃部隊(strike force)の一部とが最初のトラックに乗り込み、それは急いでアクレを出ることができたが、街のすぐ南で、近くのビーチで水浴していて、アクレ刑務所の騒ぎで出動したイギリス兵らに待ち伏せされた。彼らはトラックに発砲した。運転手は発砲をかわそうとして、トラックをサボテンの塊の中に走らせ、左側を下に崩壊させた。男らは転がり出て、逃げようとしたとき、すぐにイギリス人に発砲された。ドヴ・コーヘンと他のイルガン戦士2人、ニッシム・レヴィ(Nissim Levy)とザルマン・リフシッツ(Zalman Lifshitz)は、近くの戦闘司令所の、ジープのすぐそばで待っていた。イギリス人が発砲を始めたとき、コーヘンは最初は他の囚人らの間に入り安全な所に導こうと試みた。彼の制服がもともとイギリス軍が彼を撃つことを妨げていたが、結局のところ彼はレヴィおよびリフシッツとともに、脱獄犯らに援護射撃を与えながら撃たれた。脱獄犯と攻撃者とあわせて9人が死亡した。なかには生け捕りになりしかし負傷し、治療を拒否されたのち刑務所で死亡した人々もいる。最初のトラックからの脱獄犯のうちただ1人、ニッシム・ベナド(Nissim Benado)が捕獲をのがれることができた。しかし、彼は重傷を負い、後にハイファの隠れ家で死亡した。生存者らはすばやく捕らえられ、刑務所に戻された[1][3]

逃れたユダヤ人を求める指名手配のポスター

残りの逃亡者らと打撃部隊のメンバーらはすばやく2台目と3台目のトラックに乗り込んだし、サロモンは封鎖分隊を呼びだし始めた。彼らは順調に撤退したが、彼はアヴシャロム・ハビブ(Avshalom Haviv)が指揮する1分隊を呼び出すのを忘れた。その間、トラックの1台がエンジ故障をおこし、始動しようとしなかった。その結果、運転手がエンジンを始動させようとしている間、乗員らはそれを押さなければならず、トラックはアラブの暴徒に取り囲まれ、暴徒が物体でそれを連打し始めた。運転手がなんとかエンジンを始動させたとき、押手らはすばやく乗り込み、音響手榴弾1発がその進路をさえぎるアラブ人らに投げ込まれ、群衆を分散させた。その後、トラック2台が連なり、アクレから走り去った。彼らがハビブの封鎖分隊を通過したとき、男らは彼に、作戦行動は終わったと呼びかけたが、ハヴィヴはサロモンからの正式な命令を待たなければならないと感じ、その場に留まることを選んだ。トラックらが走り去ったとき、突然の発砲がそれらの1台に当たり、中の脱獄犯の1人が死亡した。阻止分隊によって埋められた地雷複数は、イギリス軍を抑えることに成功し、イギリス兵5人が地雷1発で負傷した。イギリス軍がハヴィヴの封鎖位置に到着したとき、分隊は捕らえられた[3]

トラック2台がアクレを逃れたのち、海路から離れた直後に、イギリスのトラック1台がそれらが追いかけ始めた。助手席に座っていた看守がピストルで彼らに発砲し始めた。その後、イギリスのトラックの進路に音響手榴弾が投げ込まれた。その結果として生じた騒音と煙の爆発とにより、運転手は急ブレーキをかけ、車団に追跡中のトラックを失わせた。トラックらはダリア(Dalia, Israel)というキブツに到着し、そこで戦士らと脱獄犯らは乗物と武器を捨てた。逃亡者の長エイタン・リヴニは、キブツでハガナーの男2人と会い、自分らは9時まで当局にコンタクトしない、と主張した。それから彼らはビニャミナ(Binyamina-Giv'at Ada)の町まで歩いていき、その日はそれからそこに隠れた。翌朝、彼らはパレスチナじゅうの事前に指定された隠れ場所に分散した[1][3]。全体として、イルガンとレヒの囚人27人が、アラブの囚人214人とともに逃亡した。作戦行動中に殺害された戦士のうち7人は、近くのShavei Tzionの墓地に埋葬されている[4]

余波[編集]

脱獄を記念する、アクレ・プロムナード沿いのモニュメント

『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』は、地下は「最も完璧な形で、これまででいちばん挑戦的な、野心的な使命」("an ambitious mission, their most challenging so far, in perfect fashion")を行なった、一方で、イギリス下院で、オリバー・スタンレー(Oliver Stanley)は、帝国政府は、「英国の名声をどん底にまで低下させたアクレ刑務所での出来事に照らして」("in light of the events at Acre prison which had reduced British prestige to a nadir")帝国政府がどんな行動をとるのかと質問した、と書いた[1]

ユダヤ機関(Jewish Agency)は、脱獄を「無責任な自殺行為」("an irresponsible suicidal act")とよばわり、イルガン司令官メナヘム・ベギンはこれを英雄主義の行為と歓迎した。

捕らえられた封鎖分隊からの男5人、アヴシャローム・ハヴィヴ、メイヤー・ナカ、ヤアコブ・ヴァイス、アムノンMichaelov、およびNahman Zitterbaumは、英国の軍事法廷で公判に付された。ハヴィヴ、ワイス、ナカルは死刑を宣告された [5] 。MichaelovとZitterbaumは未成年であるため死刑を免れ、終身刑を受けた。死刑判決に応じて、イルガンはイギリス軍軍人2人、クリフォード・マーティン(Clifford Martin)とマーヴィン・ペイス(Mervyn Paice)を誘拐し、もしイギリス人が死刑判決を下せば彼らを殺すぞと脅した。英国当局が容赦せずに3人を絞首刑にしたとき、イルガンは軍曹2人を殺害し、ネタニア近くのユーカリの木立の木に彼らの遺体をぶらさげた。この行動は、最終的なイギリスのパレスチナからの撤退の主要な触媒の1つであると信じられている[3]

アクレ刑務所の脱獄は、他の作戦行動とともに、イシューブの士気に、そしてイスラエルの創設のための戦いに強い影響を及ぼした。 それはイギリスの名声を大きく傷つけ、UNSCOP委員会(United Nations Special Committee on Palestine)の設立に向けてスピードを上げたと考えられている[6]

作戦行動は、アクレのプロムナードのモニュメントによってマークされている。[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Lapidot, Yehuda. “The Acre Prison Break”. Jewish Virtual Library. 2008年1月15日閲覧。
  2. ^ Holmes, Oliver (2020年8月30日). “Palestine: 1947 escape from British prison exposed as inside job”. 2020年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Bell, Bowyer J.: Terror out of Zion (1976)
  4. ^ http://www.ozrothagalil.org.il/atar_page.aspx?id=51
  5. ^ Aisenberg, Lydia (2006年6月8日). “Heroism reflected in stone”. Jerusalem Post. http://www.jpost.com/Travel/Around-Israel/Heroism-reflected-in-stone 2008年1月15日閲覧。 
  6. ^ UN Doc A/364 Add. 1 of 3 September 1947[リンク切れ] See Annex 10 Letter; dated 17 June 1947 from relatives of the men sentenced to death by the Jerusalem Military Court on 16 Juno 1947

座標: 北緯32度55分25秒 東経35度04分10秒 / 北緯32.9237度 東経35.0694度 / 32.9237; 35.0694