みなと異人館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなと異人館
151003 Minato-ijinkan Kobe Japan07bs9.jpg
みなと異人館の位置(神戸市内)
みなと異人館
所在地 兵庫県神戸市中央区港島2-2 北公園内
位置 北緯34度40分36秒 東経135度12分14秒 / 北緯34.67667度 東経135.20389度 / 34.67667; 135.20389座標: 北緯34度40分36秒 東経135度12分14秒 / 北緯34.67667度 東経135.20389度 / 34.67667; 135.20389
旧所在地 兵庫県神戸市生田区北野町
類型 異人館
形式・構造 木造2階建、寄棟造、桟瓦葺
敷地面積 759.00平方メートル
延床面積 373.86平方メートル
建築年 1906年明治39年)
文化財 景観形成重要建築物等
テンプレートを表示

みなと異人館(みなといじんかん)は、兵庫県神戸市中央区ポートアイランド北公園内にある異人館。現在はシスメックスのゲストハウスとして使用されている。

概要[編集]

1906年(明治39年)に、貿易商を営むアメリカ人ヘイガーの自邸として北野町4丁目に建設され、1949年(昭和24年)からは、日本郵船の船員寮として使われていた異人館である。当時、船員寮は、東棟、西棟の2棟で構成されていた。東棟(旧ワサ・ダウン住宅)は香川県高松市四国村に移築され、西棟は1978年(昭和53年)に神戸市の所有となる。1981年(昭和56年)の神戸ポートアイランド博覧会開催前にポートアイランド北公園に移築されて「みなと異人館」として公開された。

館内は1、2階とも明治時代西洋館の雰囲気を損なわないように内装・調度が統一されている。2階の展望室から神戸大橋神戸港の船客ターミナル群を一望できるというロケーションにある。

公開後は喫茶店や休憩・展示スペースとなり、1998年4月からは目黒雅叙園によって結婚式場としても利用された。しかし、老朽化のため、2008年7月20日付でいったん閉館する[1]

閉鎖から4年後の2012年9月に、神戸市に本社を置くシスメックスが神戸市と10年間の賃貸借契約を結んだ[2]。シスメックスは建物を改修の上、ゲストハウスとして使用している[3]。通常は一般には非公開であるが、2013年12月1日に5年半ぶりとなる一般公開をおこない、今後も定期的に一般公開を実施するとしている[3]

2014年に「景観形成重要建築物等」に指定される[4]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸 みなと異人館 - 目黒雅叙園グループ
  2. ^ ポートアイランド北公園『みなと異人館』借受人の決定 Archived 2013年12月3日, at the Wayback Machine. - 神戸市役所記者発表資料(2012年9月21日)
  3. ^ a b みなと異人館、5年半ぶり一般公開へ - 神戸新聞2013年11月20日
  4. ^ 神戸市:みなと異人館の一般公開について(2017年8月7日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]