出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どんぶりから転送)
移動先: 案内検索

(どんぶり)は、日本などで丼物麺類など)に使用する、厚手で深さのある陶器または磁器などの食器の略称[1]丼鉢 (どんぶりばち)のこと。

丼は、井戸の中に落ちた物が水面で発するに由来し、漢字の『』も井戸に物を投げ込む様子を現すと言われている。

職人などが着用する腹掛けの、前部につけた物入れのことも指す。「丼勘定」の言葉は、これに由来する。

後年には他の素材でも作られることもある。「丼」という名称を使用する料理やその器。丼鉢に飯を盛り、その上に具を乗せた料理である丼物を示す。また、丼鉢に飯を盛った丼飯(どんぶりめし)。料理名では「丼」一文字で「どん」と読むことがある(例えば、 天ぷら丼(てんぷらどんぶり)を略して「天丼(てんどん)」など)が、それ以外では「丼」のみで「どん」とは読まない。しかし固有名詞では例外がある。

例えば「これがおかずであれば、丼3杯はいける」と表現した場合、丼は丼飯のことをさし、丼鉢に盛った麺類や丼物は意図されない。同じという言葉を使うが、ご飯をよそう際に使う丼、丼物 (下記参照) の際に使う丼、類を盛る際の丼は以下のとおり異なる。

  • ご飯をよそう際に使う丼は、茶碗よりは大きく、おを大きくしたような形である。
  • 丼物の際に使う丼は、器本体のほかに土鍋のように蓋がついていることが多い。
  • 麺類を盛る際の丼は、茶碗を大きくしたような形である場合も、お椀を大きくしたような形である場合もある。
  • 特にラーメンに使われる「ラーメン鉢」(ラーメンばち)は、雷紋(四角形の渦巻き模様)、麒麟など中国的な絵柄がついている場合がある。蓋はない。雷紋は迷路のようになっており魔物が迷うという意味で魔除けの役割を持っている。日本でも当初はラーメンを和食用の錦丼に盛り付けていたが、大正時代に東京かっぱ橋道具街の陶器卸店「小松屋」の創始者が専用の雷紋入りのラーメン鉢を考案したという。また、その孫である「小松屋」の3代目店主の考察によると、久谷焼(特に古久谷)に由来しているという[2]

脚注[編集]

  1. ^ どんぶり【丼】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
  2. ^ 王貞治氏父も使っていた ラーメン丼の模様は魔除け日刊スポーツ.日刊スポーツ新聞社2017年8月13日11時55分 紙面から(2017年8月19日閲覧)

関連項目[編集]