だるま太陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
だるま太陽の一例

だるま太陽(だるまたいよう)は太陽蜃気楼現象の一種で、水平線朝日夕日が「だるま」のように歪んで見える現象である。達磨太陽、オメガサン、だるま朝日、だるま夕日、達磨朝日、達磨夕日、とも言われる。

概要[編集]

海上付近に太陽が見える位置のとき、太陽の隠れた部分がΩ状に広がって見える場合がある。冬によく起こる現象である。そのことから、空気の気温差により蜃気楼ができるのだろうと考えられる[1]。 

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]