しまくとぅばの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

しまくとぅばの日(しまくとぅばのひ)は、「しまくとぅば」の奨励を目的に、「しまくとぅばの日に関する条例」(平成18年(2006年)3月31日沖縄県条例第35号)によって定められた記念日である。毎年9月18日。9月18日は、「く」で9、「とぅ」で十、「ば」で8という語呂合わせである。

「しまくとぅば」とは「島言葉」、すなわち沖縄の島々で伝えられてきた言葉(琉球方言)という意味である。沖縄県では戦後まもなくまで強力な標準語励行運動が実施され、伝統的な言葉の衰退が本土以上に進み、高齢層以外の日常会話はウチナーヤマトグチが主流となった。郷土文化を見直す機運が高まるなか、島言葉の現状を危惧する声も強くなり、「沖縄県各地域のしまくとぅばを次世代へ継承していこう」などとの趣旨で、2006年に制定された。地域の言葉を奨励する条例の制定は、日本国内で初の試みであった。

条例が制定されて以降、9月18日には沖縄県各地で島言葉に親しむイベントや島言葉の今後を考えるシンポジウムが開催されるようになった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]