いかちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いかちゃん
ジャンル アクションRPG
対応機種 Microsoft Windows
ニンテンドー3DS
開発元 開発室Pixel(天谷大輔)
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 1999年(公開年)
最新版 1.5.2.0/ 2006年3月17日
その他 フリーウェア
FREE GAME AWARDS 2002入賞作
テンプレートを表示

いかちゃん』(Ikachan)は、開発室Pixel英語版1999年フリーウェアとして公開したアクションRPG

概要[編集]

イカに似た姿をしたキャラクター「いかちゃん」を操作して、深海を探索するサイドビューのアクションRPGである。ストーリーは、記憶を失った状態で目覚めた主人公であるいかちゃんが、海の底から探検を開始するところから始まる。

操作キャラクターであるいかちゃんは、イカのように斜め上に少しずつ浮上しながら移動することができる。体力は魚を取るか貝のベッドで休む事で回復する。経験値を上げることによってレベルアップし、体力の最大値が増す。また装備アイテムを取得すると、頭突きで壁を壊したり真横に頭突きしたりする事もできるようになる。

背景と評価[編集]

洞窟物語』の製作が中断していた時期に作られたゲームが本作である[1]。 作者であるPixelは制作の動機について、「箱庭の中を歩き回るようなゲーム」を作りたいと考えていたが大規模な作品を完成させる自信がなく、先に「ゲーム作りのノウハウ」を身に付けるため「シンプルな箱庭タイプのゲーム」を作ろうとしたことがきかっけであると述べている。また制作中は「『労力』と『おもしろさ』の取捨選択」に苦慮したと述べている[2]

本作については「プレイ時間はさほど多くを必要としないものの、ゲームとしての完成度は高い」「海底の住人たちのデザインはよくできており、魚たちの動きも楽しい」[2]「かわいいキャラクターたちを見ながら、空気の泡がぷくぷくと漂う深海を泳いでいるだけでも楽しい」[3]と評価されており、操作キャラクターであるいかちゃんについては「海の中をなかば漂いながら泳いでいる感覚がなかなかリアル」[2]「操作に慣れると、まるで深海を泳いでいるかのような感覚に陥る」[4]と評されている。ふりーむが主催する「FREE GAME AWARDS 2002」には、本作が入賞している[5]

2013年1月31日にはNicalis英語版からニンテンドー3DS用ソフトとして移植されたものが北米向けに発売された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 日経エレクトロニクス 2011/07/11号 P80,web版「ドキュメンタリー ゲーム・ソフト「洞窟物語」の開発
  2. ^ a b c いかちゃん - 新着ソフトレビュー Vector 2003年11月12日
  3. ^ 【連載】週末ゲーム 第67回:かわいいイカが大暴れするアクションRPG「いかちゃん」 窓の杜 2000年9月28日
  4. ^ いかちゃん ふりーむ!
  5. ^ FREE GAME AWARDS 2002 ふりーむ!
  6. ^ Nintendo - Ikachan

外部リンク[編集]

  • 開発室Pixel - 作者のウェブサイト。いかちゃんの配布やサポートもこちらで行われている。