〆切様におゆるしを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

〆切様におゆるしを』(しめきりさまにおゆるしを)は、上田キクによる日本漫画作品。『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房)にて連載されていた。2011年11月10日ドラマCDが発売[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

四木 サトル(しき サトル)
主人公。24歳。新人漫画家。月刊誌で漫画を連載中。巨乳好き。テレビアニメ『フリキュア』の同人誌を描いていて、気が付いたら漫画家デビューしていた。
ウスハ
四木サトル付きの〆切神。バストのサイズはAAカップで、貧乳であることを気にしている。絵は下手。
仲嶋(なかじま)
サトルの担当編集者。眼鏡をかけた妙齢の女性。
白川 液三(しらかわ えきぞう)
ウスハが召喚したホワイトの精霊。気を練ることによって、体内から神の宿る修正液を精製する。外見は裸にネクタイを着用した中年の男性。

用語[編集]

〆切神(しめきりがみ)
寿命を支払ってもらうことで、漫画家が〆切を守る手伝いをする。働いて得た寿命によって体も成長していく。

単行本[編集]

ドラマCD[編集]

2011年11月10日、『ドラマCD 〆切様におゆるしを』がフロンティアワークスより発売された。 登場人物および配役は以下の通り。

出典[編集]

外部リンク[編集]