Wi-Fi Alliance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)は、無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体である。主に相互接続性試験方法の策定、製品の認証、およびWi-Fiブランドの普及に向けたプロモーション活動を実施する。2011年11月現在で 参画企業数はおよそ500社。PC・ネットワーク関連企業のみならず、近年では家電、通信、ゲーム業界 からの参画も多い。本拠地はテキサス州オースティン

設立の背景[編集]

IEEE 802.11分会により規格化された初期の無線LAN機器において、IEEE規格の曖昧さや相互接続試験方式がないことから、異なるベンダの製品で接続性が保障できず、しばしばユーザが購入した無線LAN製品が利用できないという問題が発生した。そこで、スリーコム、Aironet(現 シスコシステムズ)、Harris Semiconductor(現 インターシル)、Lucent Technologies(現 LSIコーポレーション←Agere Systems)、Nokia が中心となり、1999年に無線LAN製品の相互接続性を推進するための業界団体であるWECA(ウェカ、Wireless Ethernet Compatibility Alliance)を設立した。WECAは相互接続性試験の確立、マーケティングの推進、参画団体の拡充などを進め、2003年に相互接続性認証プログラムを発表。認証取得製品のブランド名を「Wi-Fi」と定義するとともに、団体名を Wi-Fi Alliance に変更した。

認証試験[編集]

Wi-Fi Alliance の定める相互接続性認証試験にパスし、Wi-Fi 認証を取得したプロダクトに対しては、 Wi-Fi CERTIFIED ロゴの使用が許可される。Wi-Fi Alliance で定める認証プログラムは以下のとおり。少なくとも Standard IEEE および WPA2 の認証試験にパスすることが、認証取得の必須条件となっている。

  • Standard IEEE
    • IEEE 802.11a
    • IEEE 802.11b
    • IEEE 802.11g
    • IEEE 802.11n
  • WPA
    • WPA - Enterprise
    • WPA - Personal
  • WPA2
    • WPA2 - Enterprise
    • WPA2 - Personal
  • EAP
    • EAP-TLS
    • EAP-TTLS/MSCHAPv2
    • PEAPv0/EAP-MSCHAPv2
    • PEAPv1/EAP-GTC
    • EAP-SIM
    • EAP-AKA
    • EAP-FAST
  • Optional - Quality of Service
    • WMM
    • WMM Power Save
  • Optional - Vendor Specific EAP
    • EAP-TLS
    • EAP-TTLS/MSCHAPv2
    • PEAPv0/EAP-MSCHAPv2
    • PEAPv1/EAP-GTC
    • EAP-SIM
    • EAP-AKA
    • EAP-FAST
  • Optional - IEEE
    • IEEE 802.11d
    • IEEE 802.11h
  • Optional - CWG
    • CWG-RF
  • Optional - Wi-Fi Protected Setup
    • Wi-Fi Protected Setup - PIN
    • Wi-Fi Protected Setup - PBC
    • Wi-Fi Protected Setup - NFC
  • Optional - Voice
    • Voice - Personal
  • Optional - Wi-Fi Direct
    • Wi-Fi Direct

外部リンク[編集]