SWATシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SWATシリーズはアメリカのゲームソフトメーカーシエラエンターテインメントより発売されたシミュレーション、及びFPSゲーム


概要[編集]

SWATシリーズの原点は、同社が制作していたアドベンチャーゲームPolice Questまで遡る。このゲームは警官の活動を模したゲームである。Police Questが4作まで制作されたあと、シミュレーションゲームとして1995年に初代SWATが発売された。これは戦争の戦略ゲームと同様に、SWATのユニットに指示を出して動かし犯人を逮捕、事件を解決するゲームで、SWAT2は初代SWATの発展後継となるシミュレーションゲームである。1999年発売のSWAT3からはFPSとなり、プレイヤーは突入班のリーダーとして部下に指示を出しつつ、当該建物に突入し事件を解決していく内容となった。

戦争を題材としたシミュレーション及びFPSと決定的に異なるのは、主人公が警察官ということ。それ故に犯人をただ殺せば良いというものではなく、制圧は武器使用規定を守って適切に使用せねばならず、また射殺よりは逮捕することが望まれる。不適切な武器使用により犯人及び人質を死傷させた場合、ミッション不成功となる。これを再現する為に、シミュレーション時代はスローフォン("Throw Phone"。直訳すると「投げ電話」。警察が犯人と交渉するときに使用する)を使用して説得するといった要素があった。FPSになってからも投降の呼びかけを行ったり、催涙スプレーやテイサー銃など非致死性武器が用意されている。

SWAT2及びSWAT3はロサンゼルス市警察のSWATという設定でLAPDのロゴや名称を使用しており、またSWATの解説として元LAPD関係者が登場していた。

関連項目[編集]