SBP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SBPSamahang Basketbol ng Pilipinas)は、フィリピンにおける国内バスケットボール統括組織である。リーガ・フィリピナスフィリピン女子バスケットボールリーグの運営も行っている。

歴史[編集]

フィリピンバスケット協会(BAP)として設立され、1936年国際バスケットボール連盟(FIBA)に加盟。

フィリピンのバスケは長らくBAPが統括しており、バスケを国技として人気を得るまでにのし上げ、支え続けた。

ところが、2005年に入ると、ナショナルチームの招集を巡り、フィリピンプロバスケットボール協会(PBA)を始めとする各連盟間の対立が激しくなった。その為BAPはフィリピンオリンピック委員会(POC)から資格停止を受け、一度オリンピックへの道を閉ざされる。

その後別の団体としてフィリピンバスケットボール連盟(SBP)を発足しFIBA加盟へ動いたが認められず。7月よりFIBAから資格停止となり、国際大会からも締め出された。

その間、自国開催の東南アジア競技大会が行われていたが、国技であるバスケットボール競技は開催されない最悪の事態となった。

2007年、BAPとSBPが統合。新団体SBPが誕生し、BAPに代わりFIBAの資格を得た。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]