Riak

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Riak
開発元 Basho Technologies
初版 2009
最新版 1.4.1 / 2013年8月4日(14か月前) (2013-08-04
プログラミング言語 Erlang, C, C++, some JavaScript
対応OS Linux, BSD, Mac OS X, Solaris
プラットフォーム x86-64
サポート状況 Active
種別 Database
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト docs.basho.com
テンプレートを表示

Riak[1]Amazon Dynamo の論文 [2] に基づいて実装されている NoSQL データベース

Riak はバックエンドとなるシャードパーティションストレージが差し替え可能な構成であり、デフォルトのバックエンドストレージは Bitcask である[3]。また MapReduce 機構を持ちネイティブで JavaScript (SpiderMonkey ランタイム) と Erlang、言語ドライバの追加で Python, Java, PHP, Ruby のような様々な言語をサポートしている[4]

2012年2月21日、Basho は Riak v1.1 をアナウンス。Riak 1.1 では Riaknostic、エラーのロギングとレポートの強化、大規模クラスタに対する弾性の改善、Riak Control と呼ばれる新しい GUI とモニタリングインターフェースが導入された。

2012年3月27日、Basho は Riak CS (Cloud Storage) をリリース。Riak CS は Riak 上でのマルチテナンシー、パフォーマンス計測、LOB のサポート、S3 互換 API を提供。

Basho は 2013年2月21日に Riak 1.3 の一般的な有用性をアナウンス [5]

Riak はフォーチュン 50 カンパニーのうち 25% 以上を含む世界中の数千社で導入されている[6]。採用企業には Symantec, Best Buy, Workday, Yahoo! JAPAN, Voxer, Braintree, Bump, Boeing, Comcast, AOL, Ask.com, Yammer, Yandex, AT&T, Datapipe[7] などがある。

References[編集]

  1. ^ Riak: An Open Source Scalable Data Store” (2010年11月28日). 2011年10月13日閲覧。
  2. ^ Dynamo: Amazon’s Highly Available Key-value Store, SOSP 2007
  3. ^ Basho: Bitcask”. Riak Wiki. 2013年3月9日閲覧。
  4. ^ Riak Client Libraries and Community Code”. 2011年3月19日閲覧。
  5. ^ Riak Amps Up Multi-Data Center Replication with version 1.2”. 2013年2月21日閲覧。
  6. ^ GigaOM: Basho takes aim at more enterprises with upgrades”. 2013年3月9日閲覧。
  7. ^ Riak Customers”. Riak. 2013年2月21日閲覧。

External links[編集]