Quiet Achiever

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Quiet Achieverは世界初のソーラーカーである。1982年にブリティッシュペトロリアムの資金援助で冒険家のHans Thostrupによって開発された。ThostrupとLarry Perkinsがパースからシドニーまで運転した。20日かけて4052kmを走破した平均速度は23 km/hだった。この成功により1987年にThostrupは世界最大のソーラーカーレースであるワールド・ソーラー・チャレンジを開催する。 Thostrupがアイディアを持ち始めたのは自動車レースの年の後、彼はエネルギーの節約に興味を持った。ソーラーチャレンジへの全ての出場車は太陽電池で太陽光を電気エネルギーに変換して走行する。

歴史[編集]

Hans Thostrupは枯渇性資源に懸念を抱いていて当初、太陽エネルギーによる自動車レースの概念を持っていた。彼とLarry Perkinsは1955年、シカゴで公開されたゼネラルモーターズの太陽光で走行するサンモービルに触発された。 ブリティッシュ・ペトロリアム (BP)が Quiet Achiever計画の後援になり、側面にBP Solar Trekのラベルが貼られた。