ONE LIFE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ONE LIFE
倉木麻衣スタジオ・アルバム
リリース 2008年1月1日
ジャンル J-POP
時間 49分20秒
レーベル NORTHERN MUSIC
プロデュース 倉木麻衣
長戸大幸
チャート最高順位
  • 週間14位(オリコン
    登場回数11回(オリコン)
ゴールド等認定
倉木麻衣 年表
DIAMOND WAVE
2006年
ONE LIFE
2008年
touch Me!
2009年
ONE LIFE 収録の シングル
  1. 白い雪
    リリース:2006年12月20日
  2. Season of love
    リリース:2007年2月14日
  3. Silent love〜open my heart〜/BE WITH Ü
    リリース:2007年11月28日
テンプレートを表示

ONE LIFE』(ワン・ライフ)は、日本歌手倉木麻衣の7作目のオリジナルアルバム

解説[編集]

  • 前作『DIAMOND WAVE』から約1年5ヶ月ぶりに発売される。今作からレーベルNORTHERN MUSICからの発売となる。今作はこれまでとは違い、ビーイング外部の作曲家編曲家を起用している。
  • オリコンアルバムチャートでは初動で6.2万枚を記録するも年末年始の合算集計であったため初登場14位(合算週)となり、デビュー以来続いたアルバム連続TOP10が途切れた(7作)。iTunes Store R&Bチャートと総合チャートでそれぞれ1位と7位を獲得した1
  • 累計売上枚数25万枚。

収録曲[編集]

  1. One Life
    • 作詞:倉木麻衣 作曲・編曲:Martin Ankelius & Henrik Anderson-Tervald
    表題曲。ニューヨークの映像でまとめられたPVが存在する。
  2. I Like it Like that
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:Ricky Hanley, Darren Woodford & Lynn Slater 編曲:Radi8
  3. one for me
    • 作詞:倉木麻衣 作曲・編曲:Yoo Hae Joon
    作曲・編曲を担当したYoo Hae Joonは「冬のソナタ」のテーマ曲の作曲を担当した人物。
  4. Born to be Free
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:徳永暁人 編曲:Cybersound
    A3チャンピオンズカップ2007のテーマソングのために作曲され、2007年6月に中華人民共和国山東省の都市、済南で行われた同大会のオープニングイベントにて初披露となった。孫燕姿とのデュエット曲『My Story, Your Song』以来、4年ぶりに中国語で歌われた楽曲となっている。2007年9月22日に韓国で行われた、アジアソングフェスティバル2007で韓国語でも披露された。2008年のA3チャンピオンズカップにも当楽曲が引き続きテーマソングとして使用されることが決定していたが、開催中止となった。本CDでは日本語ヴァージョンが収録されている。
  5. 白い雪
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:大野愛果 編曲:池田大介
    25thシングル
  6. Silent love 〜open my heart〜
    • 作詞:倉木麻衣 作曲・編曲:Daisuke "DAIS" Miyachi & Yuichi Ohno
    27thシングル「Silent love 〜open my heart〜/BE WITH Ü」の1曲目。シングルとしては当作品からNORTHERN MUSICから発売されている。
  7. everything
    • 作詞:倉木麻衣 作曲・編曲:藤本貴則
  8. Season of love
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:大野愛果 編曲:Cybersound
    26thシングル
  9. secret roses
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:藤田真梨 編曲:藤田真梨・DAYTRACK
  10. Wonderland
  11. BE WITH Ü
    • 作詞:倉木麻衣 作曲:徳永暁人 編曲:Cybersound
    27thシングル「Silent love 〜open my heart〜/BE WITH Ü」の2曲目。
  12. Over The Rainbow (Bonus track)
    • 作詞:E.Y. Harburg 作曲:Harold Arlen 編曲:窪田博之・寺地秀行

出典[編集]

1. BARKS「倉木麻衣、iTunes Store R&Bチャート1位を獲得