LeO 451 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LeO 451は、フランスリオレ・エ・オリビエ社(Lioré et Olivier)によって第二次世界大戦直前に開発された爆撃機である。1937年1月16日に原型のLeO 45-01が初飛行したが、この機体をより強力なノーム・ローンエンジンに換装したのがLeO 451で、1号機は1938年10月21日に進空した。全金属製の機体で、胴体を曲線でまとめた双尾翼式。1939年9月から量産開始したが生産が遅れ、ドイツ軍侵攻時にはわずか100機程が使用可能状態だったに過ぎなかった。このため、優れた爆撃機でありながら、実際の戦闘において貢献することはほとんど無いまま終わった。

停戦後も生産は続けられ、様々なバリエーションが作られた。最後の機体が退役したのは1957年であった。

スペック[編集]

上方から撮影された本機。
  • 全長:17.17 m
  • 全幅:22.50 m
  • 全高:5.23 m
  • 翼面積:68.0 ㎥
  • 全備重量:11,385 kg
  • エンジン:ノームローン14N 空冷14気筒 1,140 hp×2
  • 最大速度:494 km/h
  • 実用上限高度:9,000 m
  • 航続距離:2,300 km
  • 武装
    • 爆弾2,000kg
    • 20mm機関砲×1
    • 7.5mm機関銃×2
  • 乗員 4名

関連項目[編集]

関連リンク[編集]