KBSニュース12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KBSニュース12(ケー・ビー・エス・ニュース12、韓国語:KBS 뉴스 12)は、韓国放送公社(KBS)第1テレビ放送で平日の12時から13時に生放送されている総合報道番組である。

概要[編集]

2005年12月1日の大幅な番組改定の実施をきっかけに、それまで20分のストレートニュース番組であった「KBS正午のニュース」の時間枠を3倍の1時間に拡大して放送を開始したものである。なお大韓民国祝日(旧暦元日前後数日含む)と土曜日・日曜日は従来に同じくストレートニュース10分である。日本ではKBS WORLDで同時放送されているが、日本語の同時通訳や字幕放送はされていない。(韓国の祝日で放送がない場合、ストレートニュース10分終了後は別番組を編成。その旨はKBSワールドホームページに掲載される。土・日曜は元から放送がないが、かつては放送されたことがある)

番組では聴覚障害者にも情報を伝達できるように、前半の約35分は手話ニュースの形式を取っており、また2011年11月からは大韓民国で初となる視覚障害者のアシスタントキャスターを迎えて、生活関連・福祉関連のニュースを提供している。この視覚障害者のキャスターは、原稿を点字ライターで打ったものをなぞって原稿を読み上げている。

現在の担当者[編集]

キャスター[編集]

  • イ・スンギ(이승기)記者
  • キム・ソルフィ(김솔희)アナウンサー

その他[編集]

  • イ・チャンフン(이창훈)キャスター(生活ニュース担当)
  • イ・ジヨン(이지연)アナウンサー(特特!マガジン担当)
  • ノ・ウンジ(노은지)気象キャスター(天気担当)

その他、スポーツニュース、国際ニュース、株式市況を担当する記者、手話ニュース担当のアシスタントキャスター(各部署の記者と手話担当者は日替わり)が出演する。

内容[編集]