JAX-RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JAX-RS
(Java API for RESTful Web Services)
開発元 オラクルサン・マイクロシステムズ
最新版 2.0 / 2013年5月24日 (2013-05-24)
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
プラットフォーム Java仮想マシン
種別 アプリケーションフレームワーク
公式サイト jax-rs-spec.java.net
テンプレートを表示

JAX-RS (Java API for RESTful Web Services) は、RESTアーキテクチャに基づくWebサービスのための機能を提供するJava言語のAPIである。[1] JAX-RSはJava SE 5で導入されたアノテーションの仕組みを用いて、シンプルな開発を実現する。

JAX-RSは、2009年にリリースされたJava EE 6においてバージョン1.1が仕様の一つとして取り込まれており、Java EEの標準仕様の一つとなっている。Java EE以外の環境においても、例えばWebアプリケーションの設定ファイルであるweb.xmlに登録することで、利用可能である。2013年5月に公開されたバージョン2.0は、クライアントAPIやフィルタといった機能が追加されており、Java EE 7に含まれている[2]

仕様[編集]

JAX-RSは、リソースクラスPOJOのJavaクラス)をWebリソースにマッピングするのを助けるアノテーションを提供する。アノテーションの例を以下に示す。

加えて、リクエストからメソッドの引数に情報を読み込むためのアノテーションも提供している。これらの@*Paramアノテーションは必要な値を取得するためにキーを要求する。

  • @PathParam : パスとメソッド引数を紐付ける。
  • @QueryParam : HTTPのクエリとメソッド引数を紐付ける。
  • @MatrixParam : HTTPのマトリックスパラメータとメソッド引数を紐付ける。
  • @HeaderParam : HTTPヘッダーとメソッド引数を紐付ける。
  • @CookieParam : HTTP cookieとメソッド引数を紐付ける。
  • @FormParam : フォームの値とメソッド引数を紐付ける。
  • @DefaultValue : 上記のキーが存在しない場合のデフォルト値を指定する。
  • @Context : 全体のコンテキストを返す(例 @Context HttpServletRequest request)。

実装[編集]

JAX-RS自体はAPIであり、実際の実装として下記のようなものがある。[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]