IBM DISOSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM DISOSSDIStributed Office Support System、ダイソス)は、IBM1980年代の集中型の文書配布および保管アプリケーションで、IBMのメインフレームオペレーティングシステムであるMVSで稼働した。

概要[編集]

DISOSSは電子メールや、パーソナルコンピュータワードプロセッサを含む各種のIBMのオフィス装置間の文書交換を提供した。更に文書ライブラリ(アーカイブ)や、APIによるフォーマット変換や印刷サービスを提供した。DISOSSはSNAを拡張したSNADSメッセージング プロトコルを使用した。

日本では日本語版DISOSSが提供され、マルチステーション5550のワープロ文書をメインフレーム上で一元管理できた。

DISOSSは、同時期のVMで稼働したPROFSに相当した。

1986年に後継のIBM OfficeVisionが発表され、移行した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]