Electric Sheep

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Electric Sheep
Electricsheep-3404.jpg
開発元 Scott Draves
最新版 2.6.X
対応OS Linux, Mac OS X, Windows
種別 スクリーンセーバー
ライセンス GPL
公式サイト www.electricsheep.org
テンプレートを表示
別のサンプル画像

Electric Sheepは、フラクタルフレームの描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。

"Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。

スクリーンセーバーは1999年にScott Dravesがフリーソフトウェアとしてリリースし、彼を中心とした数人の技術者が開発を続けている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]