DUNS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DUNSData Universal Numbering System)は、アメリカダンアンドブラッドストリート英語版(D&B)が管理している、企業コードの付与管理システム、並びに同システムによって各企業に付与された企業コードの名称。「DUNS」は「ダンズ」と読む。文書によってはD-U-N-SあるいはDUNSナンバーと表記することもある。

本項では区別のため、以下企業コード管理システムを指す場合はDUNS、企業コード自体を指す場合はDUNSナンバーと表記する。

概要[編集]

DUNSは元々1962年にD&Bが開発したもので、9桁の管理コードで企業を識別する。企業については本店・支店・単体事業所(支店を持たない企業等)の区分があるのが特徴で、複数の拠点がある企業については拠点ごとに別々のDUNSナンバーが付与される。D&Bでは、2009年時点で全世界200ヶ国以上において、2億件以上の事業所にDUNSナンバーを付与しているとしている[1]

DUNSナンバーは国際標準化機構(ISO)や米国標準協会(ANSI)など多くの標準化団体で標準企業コードの一つとして認められているほか[2]RosettaNetやECALS(電子情報技術産業協会の運用するCALSシステム)など多くの電子商取引システムで企業識別コードとして採用されている。

日本では1994年東京商工リサーチ(TSR)がD&Bと業務提携したのに伴い、1996年より同社が日本国内におけるDUNSの管理業務を請け負っている。[要出典]TSRによるDUNSナンバーの新規付与は有料となるが、一度付与されたDUNSナンバーは自社及び自社との資本関係が50%超の親会社・子会社のものであれば無料で照会できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]