DRAKON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイヤグラム

DRAKONロシア語: ДРАКОН; Дружелюбный Русский Алгоритмический язык, Который Обеспечивает Наглядность)はソ連ブラン計画のため開発したビジュアルプログラミング言語

開発は1986年に始まり、ブラン計画で使用されていた、PROL2(ПРОЛ2)、DIPOL(ДИПОЛЬ)、LAKS(ЛАКС)をDRAKONという1つのユニバーサル言語で置き換えることを目的としていた。

ブラン計画が公的に終了した5年後の1998年、"Grafit-Floks"と呼ばれる自動CASEプログラミングシステムの開発をもって言語開発は終了。

後にシーローンチや他の宇宙計画で使用されることとなる。

参考文献[編集]

  • How to improve the work of your mind (Как улучшить работу ума), V. Parondzhanov

外部リンク[編集]