ccache

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ccache
作者 アンドリュー・トリジェル (Andrew Tridgell)、Joel Rosdahl
最新版 3.1.7 / 2012年01月8日(2年前) (2012-01-08[1]
最新評価版 N/A / N/A
プログラミング言語 C言語
対応OS Unix系
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 コンパイルツール
ライセンス GNU General Public License
公式サイト ccache.samba.org
テンプレートを表示

ccacheとは、CまたはC++コンパイラが出力するデータをキャッシュするソフトウェア開発ツールである。その目的は、2回目以降のソフトウェアビルドにおいてはコンパイルを避け、出力結果を再利用することにある。これは再コンパイル速度を劇的に改善する。このツールはコンパイラがソースコードをコンパイルする際の処理に割り込み、コンパイル時に固有であるべき各種データのハッシュ値を生成する。この付加的な処理により、概ね1度目のコンパイルはキャッシュを実行しない場合に比べ、コンパイルに時間がかかる。2度目以降のコンパイルでは再度ハッシュを生成し、その値がキャッシュデータのものと一致するかチェックする。一致すればccacheはコンパイラにコンパイルを指示する代わりにキャッシュされたデータを書き出す。一致しなければ、コンパイル処理はコンパイラに渡される。

ccacheはGNU General Public Licenseのもと利用可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ccache 3.1.7”. ccache.samba.org. 2012年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]