CD14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CD14 はヒトやマウスなどにみられる遺伝子、もしくはそれがコードするタンパク質である[1][2]

CD14タンパク質は自然免疫系の構成要素の一つである。CD14は2種類の形態を取り得る。1つはグリコシルホスファチジルイノシトールアンカーによって細胞膜上に固定された膜貫通型タンパク質で (mCD14) 、もう1つは可溶性タンパク質である (sCD14) 。sCD14はmCD14の細胞膜からの脱落 (48 kDa) 、あるいは細胞内輸送によって直接分泌されることによって生じる (56 kDa) [3]

X線結晶構造解析により、CD14の構造が明らかになった。これによると、CD14は単量体の折れ曲がったコイル状の構造を持ち、アミノ末端には疎水性のポケットを持つ[4]

CD14は最初に発見されたパターン認識受容体でもある。

機能[編集]

CD14は共受容体として(TLR4あるいはMD-2と共に)働き、細菌に由来するリポ多糖 (LPS) を認識する[5][6]。CD14とLPSの結合はリポ多糖結合タンパク質 (LBP) に依存し、LBPの存在下でのみCD14とTLR4はLPSと結合しうる。LPSはCD14の主要なリガンドであるが、CD14は他にも細菌由来の病原体関連分子パターンを認識することができる[7]

また、CD14はTLR4のみならずTLR2TLR3のリガンド結合にも関わる[8]

TLRのシグナル経路。灰色の点線は未知の経路を示す。


組織分布[編集]

CD14は単球マクロファージ顆粒球などの骨髄系細胞に発現している[8]

脚注[編集]

  1. ^ Setoguchi M, Nasu N, Yoshida S, Higuchi Y, Akizuki S, Yamamoto S (July 1989). “Mouse and human CD14 (myeloid cell-specific leucine-rich glycoprotein) primary structure deduced from cDNA clones”. Biochim. Biophys. Acta 1008 (2): 213–22. doi:10.1016/0167-4781(80)90012-3. PMID 2472171. 
  2. ^ Simmons DL, Tan S, Tenen DG, Nicholson-Weller A, Seed B (1 January 1989). “Monocyte antigen CD14 is a phospholipid anchored membrane protein”. Blood 73 (1): 284–9. PMID 2462937. http://www.bloodjournal.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=2462937. 
  3. ^ Kirkland TN, Viriyakosol S (1998). “Structure-function analysis of soluble and membrane-bound CD14”. Prog. Clin. Biol. Res. 397: 79–87. PMID 9575549. 
  4. ^ Kelley SL, Lukk T, Nair SK, Tapping, RI (2013). “The Crystal Structure of Human Soluble CD14 Reveals a Bent Solenoid with a Hydrophobic Amino-Terminal Pocket”. J. Immunol. 190 (3): 1304-1311. doi:10.4049/jimmunol.1202446. PMID 23264655. http://www.jimmunol.org/content/190/3/1304.long. 
  5. ^ Kitchens RL (2000). “Role of CD14 in cellular recognition of bacterial lipopolysaccharides”. Chem. Immunol.. Chemical Immunology and Allergy 74: 61–82. doi:10.1159/000058750. ISBN 3-8055-6917-3. PMID 10608082. 
  6. ^ Tapping RI, Tobias PS (2000). “Soluble CD14-mediated cellular responses to lipopolysaccharide”. Chem. Immunol.. Chemical Immunology and Allergy 74: 108–21. doi:10.1159/000058751. ISBN 3-8055-6917-3. PMID 10608084. 
  7. ^ Ranoa DR, Kelley SL, Tapping RI (2013). “Human LBP and CD14 independently deliver triacylated lipoproteins to TLR1 and TLR2 and enhance formation of the ternary signaling complex.”. J. Biol. Chem. 74 (epub): epub. doi:10.1074/jbc.M113.453266. PMID 23430250. 
  8. ^ a b 矢田純一 『医系免疫学』、2009年、改訂11版。ISBN 978-4-498-10602-4

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Kelley SL, Lukk T, Nair SK, Tapping RI (2013). “The Crystal Structure of Human Soluble CD14 Reveals a Bent Solenoid with a Hydrophobic Amino-Terminal Pocket”. J.Immunol. 190 (3): 1304-1311. doi:10.4049/jimmunol.1202446. PMID 23264655.