C/N比

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C/N比(Carbon to nitrogen ratio)とは、有機物などに含まれている炭素(C)量と窒素(N)量の比率(質量比)。炭素率ともいう。

たとえば、ある有機物に炭素100g、窒素10gが含まれている場合、この有機物のC/N比は10である(10倍)。

C/N比の作物への影響[編集]

平均的な畑地土壌のC/N比は12前後とされる。C/N比はおおむね20を境として、それより小さい(つまり窒素が多い)と、微生物による有機物分解の際に窒素が放出され(無機化)、C/N比が大きいと反対に土の中の窒素が微生物に取り込まれる(有機化)といわれている。そのため、C/N比の大きな有機物を土に施すと、窒素が微生物に取り込まれ、作物の利用できる窒素が少なくなって窒素飢餓に陥る。これは、土壌中にアゾトバクターなどの窒素固定微生物が増えるにつれて起こりにくくなっていく。

さまざまな有機物のC/N比[編集]

稲わら 60
もみ殻 75
米ぬか 23
小麦わら 90
広葉樹落葉 50~120
針葉樹落葉 20~60
マメ科植物 10~17
樹皮 100~1300
おがくず 134~1064
剪定枝 70
十分に生長した雑草 50
ピートモス 52
280
椰子繊維 48
牛糞 16
豚糞 11
鶏糞 7
おから 11
コーヒー粕 23
油粕 7
茶粕 12
ビール粕 11
焼酎粕 12
光合成細菌 80
カビ 13
糸状菌 9
細菌・放線菌 5