8-シクロペンチルテオフィリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8-シクロペンチルテオフィリン
8-Cyclopentyl-1,3-dimethylxanthine.png
IUPAC命名法による物質名
8-cyclopentyl-1,3-dimethyl-7H-purine-2,6-dione
臨床データ
法的規制
  • Uncontrolled
識別
CAS番号 35873-49-5 チェック
ATCコード None
PubChem CID 1917
ChemSpider 1843 チェック
ChEMBL CHEMBL106265 チェック
化学的データ
化学式 C12H16N4O2 
分子量 248.280 g/mol

8-シクロペンチルテオフィリン(8-Cyclopentyltheophylline)または8-シクロペンチル-1,3-ジメチルキサンチン(8-Cyclopentyl-1,3-dimethylxanthine)は、A1型に選択性を持つアデノシン受容体の強いアンタゴニストであり、また非選択性のホスホジエステラーゼ阻害剤である。動物に対しては、カフェインよりも若干高い覚醒剤効果を持つ。[1][2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Spealman RD (1988). “Psychomotor stimulant effects of methylxanthines in squirrel monkeys: relation to adenosine antagonism”. Psychopharmacology 95 (1): 19-24. doi:10.1007/bf00212759. PMID 3133696. 
  2. ^ Karcz-Kubicha M, Antoniou K, Terasmaa A, Quarta D, Solinas M, Justinova Z, Pezzola A, Reggio R, Muller CE, Fuxe K, Goldberg SR, Popoli P, Ferre S (July 2003). “Involvement of adenosine A1 and A2A receptors in the motor effects of caffeine after its acute and chronic administration”. Neuropsychopharmacology 28 (7): 1281-91. doi:10.1038/sj.npp.1300167. PMID 12700682.