33人の東方人の旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
33人の東方人の旗

33人の東方人の旗(さんじゅうさんにんのとうほうじんのはた、Bandera de los Treinta y Tres Orientales)は、33人の東方人ウルグアイブラジルからの独立を宣言した時に掲げていた旗である。 青と白はアルゼンチンの国旗から、赤は連邦派en)の象徴色から来ており、黒で「Libertad o Muerte(自由か死か)」と書かれている。この言葉は現在もウルグアイの国の標語になっており、この国旗もウルグアイの3つの国旗の内のひとつになっている。

関連項目[編集]