2-ニトロアニリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2-ニトロアニリン
2-Nitroaniline
識別情報
CAS登録番号 88-74-4 チェック
ChemSpider 13853943 ×
ChEMBL CHEMBL274009 ×
特性
化学式 C6H6N2O2
モル質量 138.14 g/mol
外観 橙色の結晶
融点

71~72℃ ([1])

沸点

284℃(分解) ([1])

への溶解度 0.117 g/100 ml (20°C) (SIDS)
構造
結晶構造  ?
危険性
引火点 167℃[1]
半数致死量 LD50 1600mg/kg(ラット)[1]
関連する物質
関連物質 3-ニトロアニリン
4-ニトロアニリン
ニトロベンゼン
アニリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-ニトロアニリン: 2-Nitroaniline)は芳香族アミンの一種。オルトニトロアニリンとも呼ばれ、ベンゼン環にニトロ基アミノ基が隣り合った位置に結合する。標準状態では橙色の固体である[2]

反応[編集]

染料医薬品農薬の原料となる。工業的には2-クロロニトロベンゼンと濃アンモニア水との反応、もしくはスルファニル酸をニトロ化したのち加水分解して製造する[1]。アニリンを五酸化二窒素でニトロ化すると触媒の作用でニトラミン転移が生じ、ニトロ基が位置特性的にオルト位に転移する[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『窒素酸化物の事典』p364
  2. ^ Safety data for o-nitroaniline
  3. ^ 『窒素酸化物の事典』p375

参考文献[編集]